おススメ記事
広告

「韓国株式市場」13日(金)決着・KOSPIかろうじて「2,604」。個人は9千億を売り

広告

2022年05月13日(金)の韓国株式市場が締まりました。15:30現在、KOSPI(韓国総合株価指数)のチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。

長い陽線となり、KOSPIは「2,604」で締まりました。かろうじて2,600を回復し、7日続落を避けました。

投資家別売買動向は以下です。

⇒データ引用元:『finance.naver.com』「投資家別売買動向」
上掲データは2022年05月13日15:36現在のものです。

個人投資家はなんと「9,061億ウォン」も売り越しました。下げ基調の中、上げたので売りにいった人が多かったのでしょう。対する外国人投資家は「605億ウォン」の買い越し。一応買い越しですが金額は大きくありません。

これで2022年05月第2週目が締まりましたので、ローソク足1本が1週間の値動きを示す「週足」で見てみます。

前週は微妙でしたが、今週で完全にこれまでの支持線を割りました。ヨコヨコのレンジが15週ぶりに下にブレイクしました。

フィボナッチを使って見てみましょう。

コロナ禍の天底からの上昇をひとつの波と見ると、今週のローソク足はちょうど「38.2%戻し」のラインで止まったことが分かります。

もし、さらに下落が続くなら、次の支持線候補は「50戻し」で「2,386」近辺ということになります。チャートというのは本当に面白いものです。

さて、「38.2戻し」で止まるのか、それとも新たな下落トレンドで「50戻し」までいくのか。来週もお楽しみに。

追記
2022年05月16日(月)の韓国株式市場が開きましたので、KOSPIチャートの初動状況を以下の記事にまとめました。本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。

「韓国株式市場」05月16日(月)初動・KOSPI「2,615」ギャップアップも陰線!
2022年05月16日(月)の韓国株式市場が開きました。10:00現在、KOSPI(韓国総合株価指数)のチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。 ギャップアップして始まりましたが...

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました