おススメ記事
広告

【速報】韓国検察が李在明を起訴した! 選挙法違反、虚偽事実の公表で

広告

ついにこの日が来ました。

2022年09月08日、韓国のソウル中央地検と城南支庁は、李在明(イ・ジェミョン)国会議員(野党に転落した『共に民主党』党首)を、選挙法違反の疑いで起訴しました。

去る03月09日に投開票となった第20代大統領選挙において、その選挙戦中に虚偽の事実を述べた疑いです。

李在明(イ・ジェミョン)さんは、「大庄洞開発疑惑」に絡んで、当時開発事業実務者だった『城南都市開発工事処』のキム・ムンギ処長を「城南市長だった事態には知らない人だった」などと述べたのですが、後になって、李在明(イ・ジェミョン)さんとキムさんが一緒にオーストラリア・ニュージランドに旅行に行った写真が出てきました。

親しげにゴルフに興じる写真もありました。

一緒にゴルフをプレーしておいて「職員は大勢いたので知らない」は通じないでしょうから、これは虚偽を述べたことになりアウトです。

ちなみに、このキムさんは2021年12月21日に自死されました。大庄洞疑惑についての調査を受けてからのことです。

また、こちらも城南市長時代のことですが、李在明(イ・ジェミョン)さんは「国土交通部が脅迫するので、やむを得ず『ペクヒョンドンマンション敷地』の用途変更を行った」という旨の発言を行っていたのですが、国土交通部は「用途変更は城南市のドメインであってウチが脅迫するなんてあり得ないこと」としました。

これは、李在明(イ・ジェミョン)さんが城南市長として特定の業者に利益を与えんがために、韓国食品研究院の敷地の用途変更を行ったとする疑惑です。疑惑も何も、明らかな虚偽の主張と目されますので、こちらも恐らくアウトです。

公訴期限は大統領選挙後3カ月ですので、明日09月09日に期限が切れます。韓国の検察はギリギリで起訴に踏み切ったことになります。

曲がりなりにも元大統領候補である李在明(イ・ジェミョン)さんがどのようになるのか、要注目です。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました