おススメ記事
広告

「ドルウォン」27日(火)夕刻・「1,271ウォン」ワロス曲線の出現か

広告

2022年12月27日(火)の韓国時間が終わりました。15:30現在、ドルウォンのチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。

一時「1ドル=1,264ウォン」まで下げましたが戻しています。現在のところ「1ドル=1,271ウォン」近辺の攻防です。

ローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」で見ると以下のようになります。本日は1分足が傑作です。

まるで切りそろえられたようにローソク足が「1,266.31ウォン」近辺で止まっています。異常なプライスアクションで、これはワロス曲線が出現したかもしれません(ただ市場が低調なので微妙です)。

現在の天井は「1ドル=1,275.46ウォン」、天底は「1ドル=1,264.76ウォン」です。

また動きがありましたら、随時記事を制作し状況をご紹介するようにいたします。

一般的な用語ではありませんが、09:00~15:30をMoney1では韓国時間と呼称します。

追記
2022年12月28日(水)の市場が開きました。ドルウォンチャートの状況を以下の記事にまとめましたので本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。

「ドルウォン」12月28日(水)初動・「1,270ウォン」続落!
2022年12月28日(水)の市場が開きました。10:00現在、ドルウォンのチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。前日は短めでしたが陰線。本日も陰線でスタートしています。現在のところ...

(柏ケミカル@dcp)

広告


タイトルとURLをコピーしました