南朝鮮「サムスン電子」14-15日の株価チャートが異様に

10月14日(月)は祝日なので日本の株式市場はお休みでした。韓国は平日なので市場も動いていたわけですが、14日、15日と韓国を代表する企業であるサムスン電子(KRX: 005930)の株価チャートが以下のような異様なものになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。

ローソク足1本が5分の値動きを示す「5分足」ですが、まるで櫛(くし)の歯のようですね。筆者にはあることを示唆しているように思えるのですが、皆さんはどのようにお考えになるでしょうか?

(柏ケミカル@dcp)

中国の「国家情報法」とは? 「中国人・中国企業はスパイ」と言われる理由

合衆国は中国との正面衝突コースに入った