「サムライ債」とは?

サムライ債」とは、外国企業・金融機関など日本国外の発行体が日本の投資家向けに発行する債券のこと。発行された債券は日本の機関投資家などが購入するわけですから、でお金を集める資金調達方法です。そのため「円建て外債」と呼ばれることもあります。

サムライ債を発行したい外国の発行体にとってもメリットがあります。日本の場合は金利が低いですから、資金調達コストが比較的安く済むわけです。また日本の通貨「円」は世界で通用するハードカレンシーで、信頼されていますからドルに交換しやすい通貨です。円を調達して金利の高い国で運用したいといったニーズに応える手段でもあるわけです。

(柏ケミカル@dcp)

よく耳にする「ハードカレンシー」とは何か?

「カレンシーボード制」とは?