毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

「韓国ウォン」27日(金)決着!「1,212ウォン」先週のウォン安分をほぼ全戻し

from Sponsor

安値トレンドの進行がどこまで続くのか注目されている韓国通貨「ウォン」。2020年03月27日(金)が(ほぼほぼ)締まりました。28日(土)の07:37現在(日本時間)、ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。

先の記事では陽線だったものが、また反転して陰線になりました。結局、27日はウォン高方向進行で終幕です。ただし始値「1ドル=1,212.95ウォン」-終値「1ドル=1,212.73ウォン」ですのでわずかに「0.22ウォン」のウォン高です。上下に大きく動いたわりには微少な結果でした。

ローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」で見ると以下のようになります。

天井・天底は先の記事でご紹介したときのママです。天井「1ドル=1,227.05ウォン」は22:15(日本時間)につけましたが、その天井圏からほぼ始値まで戻ってしまったわけです。

本日をもって03月第4週目が締まりました。ローソク足1本が1週間の値動きを示す「週足」で見てみましょう。

03月第4週目は長い陰線となりました。ローソク足の実体線で見ると、隣の03月第3週目の長い陽線とほぼ同じ長さで、つまりは第3週目のウォン安進行分を第4週目でほぼ元に戻したわけです。大山鳴動してネズミ一匹なプライスアクションですが、韓国通貨当局はほっとひと息ついたのではないでしょうか。

ただし、新型コロナウイルス騒動は治まったわけではありませんし、影響が顕在化するのはむしろこれからです。さて、翌週はどのような展開となるでしょうか。

追記
2020年03月30日(月)の市場が開きました。再びウォン安方向へ進行しています。本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。

「韓国ウォン」03月30日(月)初動・ウォン安方向へ進行「1,220ウォン」
安値トレンドがどこまで進行するかが注目されている韓国通貨「ウォン」。2020年03月30日(月)の市場がスタートしました。10:02現在(日本時間)、ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より...


いつもチャートを引用させていただいている『Investing.com』の描画が不安定ですので後で修正があるかもしれません。

(柏ケミカル@dcp)

韓国の「証券会社」に迫った危機的状況【その2】!「1兆ウォンの追い証」という異常事態
先の記事では、韓国の証券会社が「PF流動化証券」によって資金難にあることをご紹介しました。今回は先の記事で積み残した「マージンコール」についてです。 再度、先の記事でも取り上げた部分を引用します。 証券会社が保証した大規模な...
韓国の「証券会社」の今そこにある危機!「約12.6兆ウォン」償還という異常事態
韓国経済が少しずつ確実に泥沼に足を取られつつあります。この泥沼はお金が回らなくなるという流動性の危機です。 2020年03月26日、『ソウル経済』に「『満期PF』」借り換え発行が失敗...証券会社数百億ずつ抱える」という興味深い記事が...
韓国「スワップライン」初回利用からドンと40億ドル超いく気!「金利」が付きますよ!
韓国は、03月19日09:00(アメリカ合衆国東部夏時間)に電撃的に発表された「他の中央銀行とのドル流動性スワップ※1」について、さっそく利用するための交渉を始めたようです。 2020年03月25日、韓国メディア『ソウル経済』に「韓米...
タイトルとURLをコピーしました