おススメ記事
広告

【韓国軍のポンコツ具合】北朝鮮に「30分間」応射せず。理由は「機関銃が故障しちゃった!」

広告

お金が絡まないのでMoney1で取り上げるのはヘンなのですが、面白い興味深い話ですし、あまり日本のメディアでは見掛けないのでご紹介します。

2020年05月03日、北朝鮮南朝鮮の間、DMZ(DeMilitarized Zoneの略:非武装地帯)で銃撃事件がありました。

そもそもは北朝鮮側から韓国のGP(監視視哨所)に向けて射撃が行われ、韓国軍が撃ち返した――という事件です。世界的にも大きなニュースとして取り上げられましたが、韓国軍が応射したのは北朝鮮の射撃を受けてから30分もたってからでした。

文在寅政権の「北朝鮮に対する忖度(そんたく)か!?」なんて話もあったのですが、事実はもっとバカバカしいものでした。

応射しようにも「機関銃が故障したので撃てなかった」のです。

事件後の調査によって以下のようなことが判明しています。韓国メディア『毎日経済』の2020年05月13日の記事から引用します。

07:41 北朝鮮が韓国のGP(監視視哨所)を銃撃
07:45 韓国軍GPは戦闘態勢に入る
07:51 大隊長が報告を受ける
07:56 大隊長がGPに対して「北朝鮮に応射」を下命
08:01 「K-6重機関銃」でリモート射撃開始……も故障で弾が出ず
08:13 連隊長が「K-3軽機関銃」での射撃を指示。北朝鮮監視視哨所に15発を発砲
08:18 「K-6重機関銃」で手動射撃

⇒参照・引用元:『毎日経済』「GP機関銃の故障で…北に対応射撃32分かかった」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

07:14に攻撃を受けてから、初弾を撃ち返すまでに確かに30分以上かかっています。しかも「故障」……。韓国軍では、この故障を機関銃の撃針が壊れたことによるものだったとしています。

「大隊長! ダメです。故障です」というシーンを想像するだにコントのようです。

韓国の軍事関係には「大丈夫なの?」としか言えない話がたくさんあるのですが、今回の件も「とにかく整備がいい加減」という韓国軍に通底する現象の範囲内です。

国境線は大丈夫なのでしょうか。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
【1.5兆ウォンの赤字】韓国・航空会社の決算は「総崩れ」
先に『大韓航空』が2020年第1四半期に大きな損失を出したことをご紹介しましたが、文在寅大統領が「韓国の基幹産業」とする航空業界は「総崩れ」の模様です。 韓国のフラッグ・キャリアである『大韓航空』、業界2位の『アシアナ航空』、LCC(...
【知的財産の使用料】韓国は「40年間」一度も黒字がない! 知的財産が少ない国
先日、日本の超人気漫画そっくりなゲームが韓国で勝手にゲーム化されている!とネット上で話題になりました。エンターテイメントに限らず、お菓子などの一般商品でも勝手に日本のものを盗用している例は枚挙にいとまがありません。 このような知的財産...
【1,935億ウォン赤字で支援なし】韓国の『双竜自動車』に「おしまい感」漂う
破綻が懸念されている韓国の自動車メーカー『双竜自動車』が2020年第1四半期(01-03月)の決算を以下のように発表しました。 売上高:6,492億ウォン 営業利益:▲986億ウォン 当期純利益:▲1,935億ウォン ※▲はマイナス...
【韓国の外貨準備】韓国の「合衆国公債」保有が53億ドル減る!ウォン安阻止で現金に換えたか
アメリカ合衆国の財務省から2020年03月末時点で各国がどのくらい合衆国公債を保有しているのかのデータが公表されました。 毎度おなじみですが、これを韓国の中央銀行『韓国銀行』が公表している「韓国の外貨準備」とつき合わせてみます。 ...
タイトルとURLをコピーしました