おススメ記事
広告

【1,935億ウォン赤字で支援なし】韓国の『双竜自動車』に「おしまい感」漂う

広告

破綻が懸念されている韓国の自動車メーカー『双竜自動車』が2020年第1四半期(01-03月)の決算を以下のように発表しました。

売上高:6,492億ウォン
営業利益:▲986億ウォン
当期純利益:▲1,935億ウォン

▲はマイナスの意味

「1,935億ウォン」は、「韓国通貨危機」のあった2008年以来の巨額の赤字です。また、これで『双竜自動車』は13四半期(3年と3カ月)連続の赤字です。

同社の状況を以下にまとめます。

インドの『マヒンドラ&マヒンドラ』が70%を支配する子会社である
ここまで13四半期連続で赤字である
2020年を乗り切るのに5,000億ウォンが必要な事態になっている
『マヒンドラ&マヒンドラ』は約2,300億ウォンを支援する予定だったが撤回
『マヒンドラ&マヒンドラ』は400億ウォン一度限りの支援として提供する

もはや親会社の支援も期待できず、事業を立て直す資金を用意できない状況です。もちろん立ち直るのであれば、この3年間の間に成果を挙げていなければなりませんが、それもできませんでした。

残念ながら『双竜自動車』に「おしまい感」が出てきました。この新型コロナウイルス騒動の不況下(これから実体経済は悪くなります)で、連続赤字がこれほど続いている企業を救おうというドン・キホーテが現れるとはまず考えられません。

韓国政府が支援しなければ本当にキャッシュが尽き、倒産が視野に入ってきます。

ところが、先にご紹介したとおり韓国政府は「基幹産業安定基金」なるもので支援する業種の中に「自動車産業」を入れてはいないのです(以下の記事を参照いただければ幸いです)。

【40兆ウォン規模】(←実はまだ1銭もない)「韓国政府」肝いりの基金がダメっぽくなってきた
韓国企業が流動性の危機(要はお金がないってことです)に瀕しており、第2四半期の業績はヒドイことになると予想されています。 先にご紹介したとおり、文在寅大統領は「基幹産業安定基金」構想をぶち上げ、韓国の基幹産業を担う企業を支援する旨を宣...

韓国政府が「助けようかどうしようか」を思案しているうちに同社の命運が尽きる可能性もあります。なにせ13四半期連続赤字の会社ですから、支援を逡巡するのも無理はありませんが。

⇒参照・引用元:『中央日報』「双竜車第1四半期純損失1,935億ウォン…13四半期連続の赤字」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

(柏ケミカル@dcp)

広告
【速報】瀕死の『大韓航空』当期純利益「6,920億ウォン」の赤字!負債が約5千億ウォン増加する
瀕死状態で注目される『大韓航空』ですが、2020年第1四半期の決算が出ました。 売上:2兆3,523億ウォン 営業利益:▲566億ウォン 税引前利益:▲9,340億ウォン 当期純利益:▲6,920億ウォン ※▲はマイナ...
【IMFは警告する!】「韓国は発展途上国だから……」お金のバラまきで国が傾く!
2020年05月15日、『中央日報』にIMF(International Monetary Fundの略:国際通貨基金)のイ・チャンヨンアジア太平洋担当局長にインタビューした記事が出ました。 同記事は韓国政府が現在行っている「お金のば...
「さよなら韓国」外国人投資家は05月すでに「2兆ウォン」売った!
Money1では連日、韓国株式市場(KOSPI)の動勢をご紹介していますが、外国人投資家による「セルコリア(韓国売り)」は続いています。 04月については以下の記事でご紹介したとおり「5.3兆ウォン」を売り越しました(『朝鮮日報』の記...
【累積赤字55兆円】韓国は「日本から自立」した? いいえ。対日赤字は今も「1.8兆円」ある
日本の輸出管理強化に対抗して、韓国では「日本から輸入していた生産材の国産化に邁進している」ことになっています。 また、すでにその成果は現れている!などと喧伝し、韓国メディア『中央日報』には「韓国の日本経済追撃の現住所…55年で『鵜(う...
タイトルとURLをコピーしました