おススメ記事
広告

「韓国ウォン」27日(水)深夜・「1,239ウォン」目前まで来たが……戻しは強烈か

広告

韓国通貨「ウォン」の高安トレンドが注目されています。

2020年05月27日(水)23:01現在、ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。

長い陽線となり、大きくウォン安が進行しています。

ここまでのプライスアクション全体をローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」で見ると以下のようになります。

速報」でご紹介したとおりおよそ「1ドル=1,236.5ウォン」の天井を5回アタックしても破れなかったのですが、19:16ごろに底をつけた後に急激に反転。ウォン安が進行し、「速報その2」でご紹介したとおり、6回目のアタックで天井を突破。現時点では、「1ドル=1,239ウォン」目前まできています。

以降のアメリカ時間にどんなプライスアクションを見せるかが非常に注目されます。ここまで急激にウォン安が進行していますので、戻しが強烈になることも予想され油断はできません。

重要な追記
2020年05月27日(水)が締まりましたので、ドルウォンの状況を以下の記事にまとめました。本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。27日は決戦にふさわしいプライスアクションでした。

「ドルウォン」27日(水)決着!決戦は「1,238.4ウォン」までウォン安進行で幕!
2020年05月27日(水)が(ほぼほぼ)締まりました。08:00現在、ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。 長い陽線となりましたが、残念ながら「1ドル=1...

(柏ケミカル@dcp)

広告
【通貨防衛のドル枯渇か】中国「人民元」の切り下げ。これ以上ドルを溶かせない
2020年05月25日、中国人民銀行は人民元の対ドルレートの基準値を「1ドル=7.1209元」に設定しました。 これは2008年02月以来最も安いレートで、中国通貨当局による「元安」の容認です。なぜこんなことになったのでしょうか。 ...
【通貨スワップ】やっぱり『韓国銀行』が最もドルを借りている!
先にご紹介したとおり、FED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)は毎週金曜日、ドル流動性スワップ※1の利用状況についてデータを公表しています。 05月22日(金)の公表データは、韓国については「前週ママ...
韓国の「日本への灯油輸出を禁止してやる」というバカすぎる話。効果がない理由は
韓国で「日本の輸出規制(輸出管理強化)が05月末までに解除されなければ、なんらかのアクションを起こすべき」といった動きがあるそうです。 またぞろ「GSOMIA(General Security of Military Informat...
【投資家がスルー】韓国大手企業の社債に「需要ゼロ」の衝撃!
2020年05月22日、韓国メディア『韓国経済』に韓国社債市場の沈滞ぶりを象徴するような記事が出ました。 韓国「ハンファグループ」の企業、『ハンファ建設』が1,000億ウォン規模の社債発行のため、事前需要を確認したところ、機関投資家か...
タイトルとURLをコピーしました