おススメ記事
広告

【投資家がスルー】韓国大手企業の社債に「需要ゼロ」の衝撃!

広告

2020年05月22日、韓国メディア『韓国経済』に韓国社債市場の沈滞ぶりを象徴するような記事が出ました。

韓国「ハンファグループ」の企業、『ハンファ建設』が1,000億ウォン規模の社債発行のため、事前需要を確認したところ、機関投資家から全く買い注文が入りませんでした

「誰も欲しくない」と需要「0」。これは衝撃の結果です。

「社債」は企業が資金調達のために発行するものですが、韓国ではもはや機関投資家が投資してくれる状況ではないのです。

『韓国経済』の記事では他に、

1,500億ウォンの調達を目指した『現代建設機械』の社債もわずか50億ウォンだけしか需要がなかった

700億ウォン分の事前申し込みを行った『メリッツ金融』が110億ウォンの需要に終わった

という残念な例を紹介しています。

社債で資金調達できなくて困るのは企業だけではありません。

社債発行を引き受ける証券会社も大弱りです。先の『ハンファ建設』の1,000億ウォンの社債発行では、需要ゼロだったので、国策銀行『産業銀行』が400億ウォン、証券会社などで600億ウォンを買い取ったのです。

証券会社は引き受けてのない社債を多数抱えており、これを処分しないといけません。そのために韓国政府が稼働した「SPV(Special Purpose Vehicleの略:特別目的事業体)による社債・CPの買い入れ」に期待しているのですが、このSPVは資金規模が10兆ウォンしかありません(以下の記事を参照いただければ幸いです)。

【もうヤケっぽい】韓国初の「社債とCPで10兆ウォン貸してやらぁ!」という仕組みが稼働
先にご紹介してから随分時間がたってしまいましたが、いよいよ韓国初の試みがスタートします。 韓国企業の流動性危機(要はお金がないってことです)を助けるために、社債やCP(コマーシャル・ペーパー:約束手形の一種)を買い入れてやる、というも...

このSPVがどこまで証券会社を支援できるのかは非常に疑問です。また、社債を買い入れてほしいのは証券会社だけではありませんから、そもそも10兆ウォンなんていう中途半端な金額ではお金が全く足りないのです。

⇒参照・引用元:『韓国経済』「ハンファ建設事前注文『ゼロ』ショック…社債市場の二極化深刻」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

(柏ケミカル@dcp)

広告
韓国の会社の倒産件数が急増中!いわくつきの権利まで売り出す
韓国経済が危機的な状況で、2020年第1四半期(01-03月)のロクでもないデータが次々と明らかになっていますが、韓国の会社の倒産件数が急増していることが分かりました。 上掲は韓国最高裁判所がまとめた2020年第1四半期の倒産...
【1人当たり1,000万超え】韓国国民の「税金・年金・保険料」負担が増大
2020年05月24日、韓国メディア『韓国経済』に、 「国民1人当たりの税金・年金・保険料負担額が1,000万ウォンを超えた」 という興味深い記事が出ました。 同記事では「国民1人当たりの『税金・年金・保険料』負担額」を算...
【188億ドル返済】韓国「通貨スワップ」利用の返済が始まる。初回は約10兆ウォン!日付と返済金額のリスト
毎週末にFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)が公開しているドル流動性スワップ※1の利用状況。 韓国の利用については第6次調達でいったん休止していますので、2020年05月22日の公開データでは05...
【1ドル低下で1兆の損】「韓国の精油企業」は死の行進を続けている
韓国の精油企業4社が、2019年の総利益「3兆ウォン」を2020年第1四半期だけで全て吹き飛ばした(4兆ウォンの損)件について先にご紹介しました(以下記事)。 製油産業は韓国の輸出産業の一角を担っているので、精油企業の業績は韓...
タイトルとURLをコピーしました