おススメ記事
広告

韓国の会社の倒産件数が急増中!いわくつきの権利まで売り出す

広告

韓国経済が危機的な状況で、2020年第1四半期(01-03月)のロクでもないデータが次々と明らかになっていますが、韓国の会社の倒産件数が急増していることが分かりました。

上掲は韓国最高裁判所がまとめた2020年第1四半期の倒産件数を2016年-2019年同期と比較したものです。

2016年 ⇒ 2017年:14.0%上昇
2017年 ⇒ 2018年:10.4%上昇
2018年 ⇒ 2019年:11.1%上昇
2019年 ⇒ 2020年:26.0%上昇

倒産件数は上記のとおり、2020年第1四半期に明らかに急増しています。

韓国政府は支援策を打ち出し、お金を突っ込む構えですが、それならそれで早く行わないと第2四半期の結果はさらにひどい結果になること請け合いです。

2020年05月04日の『東亜日報』の記事によれば、「この際、お金に換えられるものならなんでも売却しよう」と、04月07日には「売買代金は1,500億ウォン相当の開城工業地区の土地利用権の売却公告」が最高裁判所の公示掲示板に上がったとのこと。

「開城工業地区」というのは、韓国が北朝鮮との協業を画策して資本を突っ込んだ工業団地です。

2000年に金正日朝鮮労働党総書記と金大中大統領の間で合意に達し、2003年から開発が始まりました。

北朝鮮にとっては外貨を稼ぐためのキャッシュ・カウだったのですが、北朝鮮が弾道ミサイルの発射実験を行ったことから韓国政府は2016年に同地区の操業停止と韓国人の引き上げを行いました。

韓国の文在寅大統領はこれを再開しようと画策していますが、アメリカ合衆国はNOと言い続けています。

こういう、ある意味いわくつきの「開城工業地区の土地利用権」まで売りに出さないといけないくらい韓国の会社はお金に困っているのです。

⇒参照・引用元:『東亜日報』「『コロナ』に第1四半期の破産申請252件、最大…開城工業団地の土地利用権も売りに」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

(柏ケミカル@dcp)

広告
【1人当たり1,000万超え】韓国国民の「税金・年金・保険料」負担が増大
2020年05月24日、韓国メディア『韓国経済』に、 「国民1人当たりの税金・年金・保険料負担額が1,000万ウォンを超えた」 という興味深い記事が出ました。 同記事では「国民1人当たりの『税金・年金・保険料』負担額」を算...
【188億ドル返済】韓国「通貨スワップ」利用の返済が始まる。初回は約10兆ウォン!日付と返済金額のリスト
毎週末にFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)が公開しているドル流動性スワップ※1の利用状況。 韓国の利用については第6次調達でいったん休止していますので、2020年05月22日の公開データでは05...
【1ドル低下で1兆の損】「韓国の精油企業」は死の行進を続けている
韓国の精油企業4社が、2019年の総利益「3兆ウォン」を2020年第1四半期だけで全て吹き飛ばした(4兆ウォンの損)件について先にご紹介しました(以下記事)。 製油産業は韓国の輸出産業の一角を担っているので、精油企業の業績は韓...
中国で使い捨てられる「韓国の人材」。自業自得の因果応報
開発途上国が先進国の技術力に追いつくには長い時間がかかります。人材の育成から始めると大変なので、先進国から技術者をひっこ抜いてくるという手が使われることがあります。 韓国メディア『マネートゥデイ』に、中国企業に破格の待遇で誘われた韓国...
タイトルとURLをコピーしました