おススメ記事
広告

【1人当たり1,000万超え】韓国国民の「税金・年金・保険料」負担が増大

広告

2020年05月24日、韓国メディア『韓国経済』に、

「国民1人当たりの税金・年金・保険料負担額が1,000万ウォンを超えた」

という興味深い記事が出ました。

同記事では「国民1人当たりの『税金・年金・保険料』負担額」を算出しています。

例えば、2019年の韓国国民の負担総額は以下になります。

国税:293兆5,000億ウォン
地方税:91兆3,000億ウォン
社会保障費139兆6,000億ウォン
小計:524兆4,000億ウォン

これを韓国の人口「5,170万9,000人」で割って、一人当たりの負担額を求めるわけです。

計算すると「1,014万1,368ウォン」(日本円で「88万2,299円」:ウォン円は「0.087円」で換算/2020年05月24日のレート)になります。

国民1人当たりの『税金・年金・保険料』負担額:1,014万1,368ウォン

日本人からすると「えっ、そんな金額で済むの?」思うかもしれませんが、先にもご紹介したとおり、韓国という国は「低負担・低福祉」の国で社会保障のコストを日本よりも低く抑えています。

その分、国民の負担は小さくなっていて、ここまで上昇するのは歴史上なかったことなのです。以下をご覧ください。

上掲のとおり「国民1人当たりの『税金・年金・保険料』負担額」は右肩上がりを続けています。

新型コロナウイルス騒動で収入が減少した人が激増していますので、税金などの公的負担は韓国国民の家計を直撃することになりそうです。

⇒参照・データ引用元:『韓国経済』「国民1人当たりの税金・年金・保険料負担額1,000万ウォンを超えた」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

韓国が「低負担・低福祉の国」という件は、以下の記事を参照いただければ幸いです。

韓国は「低福祉・低負担」の国。老齢年金の給付は月額平均「○万円」しかない
韓国の人の多くは国が用意した公的年金制度「国民年金」だけでは、安心して老後の暮らしを立てることができません。それは老齢年金の給付額が少ないからです。 今回は韓国の「国民年金」についてご紹介します。 韓国の年金制度は1999年にや...
韓国の人は「国民健康保険」にいくら払っている? 韓国は「低負担・低福祉」の国
韓国は日本と同じく「国民皆保険制度」のある国です。国民健康保険に加入すると、定められた額の「保険料」を支払う必要がありますが、韓国では月どのくらいの金額を支払う必要があるのでしょうか? 韓国の「国民健康保険」についてご紹介します。 韓...

(柏ケミカル@dcp)

広告
中国で使い捨てられる「韓国の人材」。自業自得の因果応報
開発途上国が先進国の技術力に追いつくには長い時間がかかります。人材の育成から始めると大変なので、先進国から技術者をひっこ抜いてくるという手が使われることがあります。 韓国メディア『マネートゥデイ』に、中国企業に破格の待遇で誘われた韓国...
中国で使い捨てられる「韓国の人材」。自業自得の因果応報
開発途上国が先進国の技術力に追いつくには長い時間がかかります。人材の育成から始めると大変なので、先進国から技術者をひっこ抜いてくるという手が使われることがあります。 韓国メディア『マネートゥデイ』に、中国企業に破格の待遇で誘われた韓国...
「韓国がデフレになる」という件。いよいよ本当に危ないです
「韓国にデフレが迫っている」という話は2019年からすでに識者から指摘されていたのですが、新型コロナウイルス騒動で景気が急速に悪くなったため、また改めて注目されています。 2020年05月22日、『韓国経済』に「韓銀OB『鳩』の警告…...
【合衆国から圧迫】中国は半導体を自給自足できる? 不可能です。2025年でも無理
アメリカ合衆国は、現在中国への圧迫を続けています。 中国企業『ファーウェイ』(華為:Huawei)に半導体の供給を行わないように手を打ちつつありますが、中国も「中国製造2025」という野心的な計画を立て、国内半導体企業を育成してきまし...
タイトルとURLをコピーしました