毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

【合衆国から圧迫】中国は半導体を自給自足できる? 不可能です。2025年でも無理

from Sponsor

アメリカ合衆国は、現在中国への圧迫を続けています。

中国企業『ファーウェイ』(華為Huawei)に半導体の供給を行わないように手を打ちつつありますが、中国も「中国製造2025」という野心的な計画を立て、国内半導体企業を育成してきました(「中国製造2025」については以下の記事を参照いただけると幸いです)。

「中国製造2025」とは?
中国は世界の工場と呼ばれてきましたが、ただの工場から脱却するために「中国製造2025」(元の中国語では「中国制造2025」と表記)という目標を掲げて推進しています。ちなみに、このスローガンは英語表記では「Made in China ...

では中国は半導体を自給自足できるでしょうか?

不可能です。

『IC Insights』の「The McClean Report 2020」から引用したデータをご覧ください。これは中国の半導体市場の規模(金額:単位は10億ドル)と中国製半導体の規模を比較したグラフです。

2019年の段階で、中国の半導体市場は1,250億ドル13兆4,303億円)という巨大なものですが、中国産の半導体は「195億ドル」(2兆951億円)に過ぎません。15.6%です。

また、この195億ドルのうち、中国に本社を置く企業が製造したものはわずか76億ドル(38.7%)に過ぎないと『IC Insights』では推測しています。

ドル円換算は2020年05月22日の「1ドル=107.44円」を用いました。

2024年はあくまでも予測ですが、市場規模「2,080億ドル」(22兆3,480億円)に対して中国産「430億ドル」(4兆6,200億円)。20.7%となります。

つまり、このままいっても中国製市場を中国製半導体で賄(まかな)うのは不可能で、(乱暴ですが「純粋な中国企業製」などを考えず)仮に自給率を計算しても、自給率は「15.6%」から「20.7%」に「5.1%」ほど上がるだけなのです。

「中国製造2025」では「2025年に半導体の自給率70%を達成する」としていましたが、その目標はまさに「絵に描いた餅」になっています。

今回の合衆国の措置によってこの計画だけではなく、スマホなどの半導体を使用した製品を作ることにも支障を来すようになるでしょう。

中国の半導体製造についての詳細は、ぜひ以下の『IC Insights』のリポートを読んでみてください。

⇒参照・データ出典:『IC Insights』「2020年5月21日 中国がICデバイスの『Made-in-China 2025』目標をはるかに下回る」

(柏ケミカル@dcp)

from Sponsor
【また借金が増えます】韓国「2.2兆ウォン規模の基金」を新設!「デジタルスマート大韓民国」ってナニ
韓国はなにかというと「なんとか基金」を作るヘンな国です。 韓国経済が危機的状況に陥っていますが、文在寅政権はこの危機に対応し、お金を回すために以下のような「基金」を新設しました。 債券市場安定基金 10兆ウォン規模 株式市場安...
【驚きの188億ドル(2兆円)増】韓国の対外借金が急拡大!「借金王に文はなる!」
2020年05月21日、韓国の中央銀行である『韓国銀行』から「International Investment Position(End of Mar 2020)」(対外資産負債残高 2020年03月末時点)というプレスリリースが出ました。...
【ウソだらけの中国企業】合衆国が最後通牒を突きつける!
アメリカ合衆国の株式市場には中国企業も複数上場していますが、幾つかの中国企業が裏側で「やりたい放題」していた状況が明らかになっています。 何もかもがウソだらけだった! 合衆国に『ウルフパック・リサーチ』という投資会社があります。...
【まだ一銭もない→】40兆ウォン規模の韓国「基幹産業安定基金」がお金の突っ込み先を決める!
文在寅大統領の肝いりで06月から稼働する「基幹産業安定基金」。 この「基幹産業安定基金」を40兆ウォン規模で作り、流動性の危機に陥っている韓国の基幹産業7つを救済する!――と息巻いていたのですが、「まずは『航空産業』と『海運業』を支援...
タイトルとURLをコピーしました