おススメ記事
広告

韓国の「日本への灯油輸出を禁止してやる」というバカすぎる話。効果がない理由は

広告

韓国で「日本の輸出規制(輸出管理強化)が05月末までに解除されなければ、なんらかのアクションを起こすべき」といった動きがあるそうです。

またぞろ「GSOMIA(General Security of Military Information Agreementの略:軍事情報に関する包括保護協定)破棄」という案の他、

日本への「灯油」の輸出を禁じる

という噴飯物の案があるそうです。

「灯油」の需要はほとんど国内生産で賄える

先からご紹介しているとおり、「石油製品」は韓国の輸出産業の一角を担っており、確かに日本も韓国から「灯油」などを輸入しています。

しかし、日本の「灯油」の輸入量は非常に少ないのです。

なぜなら、自分で原油を輸入して精製し「灯油」を生産できるからです。

経済産業省』の「石油統計速報 令和2年3月分」(2020年04月30日付け)の中に、「付:令和1年度・石油製品需要概要(速報)」というデータがあります。

ここに石油製品別の需給が示されており、「灯油」は以下のようになっています。

「付:令和1年度・石油製品需要概要(速報)」より「灯油」のデータを抜粋

生産13,239,564kl
輸入1,560,934kl
販売13,621,401kl
輸出996,240kl

⇒参照・データ引用元:『日本国 経済産業省』「石油統計速報 令和2年3月分」「付:令和1年度・石油製品需要概要(速報)」
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/sekiyuso/result/pdf/h2j581011j.pdf

日本で「13,239,564kl」が生産されており、輸入はわずか「1,560,934kl」に過ぎません。販売量と比較して計算しても、輸入で賄われているのはわずか「11.5%」です。

生産量と販売量を比較すると、足らないのはわずか「381,837kl」(2.8%)だけです。つまり、輸出せずに生産量をそのまま国内販売に回して、あと「381,837kl」を増産すれば事足りるのです。

もちろん石油製品の場合には「灯油だけ増産」ということができませんから、面倒くさいのは確かですが(他の石油製品もできちゃうのです)、韓国に禁輸されて困るなんてことにはなりません。十二分に対応が可能と考えられます。

韓国の人は「韓国にできることで日本にできないことはない」という事実を忘れています。

死にかけている精油産業に追い打ちをかける!

また、先にご紹介したとおり韓国の精油企業は現在「死の行進」を続けています(以下の記事を参照いただければ幸いです)。

【1ドル低下で1兆の損】「韓国の精油企業」は死の行進を続けている
韓国の精油企業4社が、2019年の総利益「3兆ウォン」を2020年第1四半期だけで全て吹き飛ばした(4兆ウォンの損)件について先にご紹介しました(以下記事)。 製油産業は韓国の輸出産業の一角を担っているので、精油企業の業績は韓...

ここで、日本には禁輸だ!なんて決断をすると、この瀕死の企業の得意先を奪い、さらに傷を負わせることになります。

2019年に起こった「NO JAPAN運動」で韓国航空会社の経営が傾いたのと同じことになるでしょう。

筆者などは「面白いからやってみればいい」と思いますが、韓国精油企業の売上が下がって政府の支援が必要になるだけ、つまり韓国の借金が増えるだけ、というオチがつくのではないでしょうか。

(柏ケミカル@dcp)

広告
【投資家がスルー】韓国大手企業の社債に「需要ゼロ」の衝撃!
2020年05月22日、韓国メディア『韓国経済』に韓国社債市場の沈滞ぶりを象徴するような記事が出ました。 韓国「ハンファグループ」の企業、『ハンファ建設』が1,000億ウォン規模の社債発行のため、事前需要を確認したところ、機関投資家か...
韓国の会社の倒産件数が急増中!いわくつきの権利まで売り出す
韓国経済が危機的な状況で、2020年第1四半期(01-03月)のロクでもないデータが次々と明らかになっていますが、韓国の会社の倒産件数が急増していることが分かりました。 上掲は韓国最高裁判所がまとめた2020年第1四半期の倒産...
財源を考えない韓国「借金大統領」。50兆の予算(借金)を追加予定
2020年05月25日、韓国で大統領府で「国家財政戦略会議」が開催されました。韓国経済が危機的状況にあるため、どのように対応するかを話し合うためです。 現在、韓国政府は種々の支援策を打ち出してお金を回そうとしています。ただし、この「回...
【1人当たり1,000万超え】韓国国民の「税金・年金・保険料」負担が増大
2020年05月24日、韓国メディア『韓国経済』に、 「国民1人当たりの税金・年金・保険料負担額が1,000万ウォンを超えた」 という興味深い記事が出ました。 同記事では「国民1人当たりの『税金・年金・保険料』負担額」を算...
タイトルとURLをコピーしました