毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください

RECOMMEND

from Sponsor
トピック

韓国の「証券会社」に迫った危機的状況【その2】!「1兆ウォンの追い証」という異常事態

先の記事では、韓国の証券会社が「PF流動化証券」によって資金難にあることをご紹介しました。今回は先の記事で積み残した「マージンコール」についてです。 再度、先の記事でも取り上げた部分を引用します。 証券会社が保証した大規模な...
トピック

韓国の「証券会社」の今そこにある危機!「約12.6兆ウォン」償還という異常事態

韓国経済が少しずつ確実に泥沼に足を取られつつあります。この泥沼はお金が回らなくなるという流動性の危機です。 2020年03月26日、『ソウル経済』に「『満期PF』」借り換え発行が失敗...証券会社数百億ずつ抱える」という興味深い記事が...
トピック

韓国の「ドル不足」は深刻に!金融機関は外貨を吐き出そう!という話

韓国政府は「外貨不足」(ドル不足)に対応するのに大わらわの状況です。 「FEDと韓国銀行の通貨スワップ(スワップライン)が結ばれてひと息ついた」なんて感想が出た上に、「これでは十分ではない」といった意見が出るのは、ドル不足がいかに深刻...
トピック

韓国「スワップライン」初回利用からドンと40億ドル超いく気!「金利」が付きますよ!

韓国は、03月19日09:00(アメリカ合衆国東部夏時間)に電撃的に発表された「他の中央銀行とのドル流動性スワップ※1」について、さっそく利用するための交渉を始めたようです。 2020年03月25日、韓国メディア『ソウル経済』に「韓米...
トピック

韓国「外貨準備」が足らないという話・1,500億ドル不足かも

ウォン安・株安の進行で2008-2009年の通貨危機時のような事態になるのではないかと韓国国内でも心配する声が大きくなっています。 2020年03月24日『中央日報(日本語版)』に「『4600億ドルなら十分』vs『まだ不足』…適正外貨...
トピック

【韓国売り】外国人投資家・驚異の「14兆ウォン」売り越し!立ち向かうのは「個人」

2020年03月24日『朝鮮日報(日本語版)』に「現金化して韓国から引き揚げ、オイルマネー流出懸念も」という記事が出ました。これは、韓国からの資金流出を懸念するものですが、記事内に以下のような興味深い箇所があります。 韓国株式市場...
トピック

「韓国企業の資金調達」が行き詰まり始めた!デフォルトが連鎖する可能性アリ

2020年03月23日、『中央日報(日本語版)』に韓国企業が資金繰りに困り始めたという記事が掲載されました。 ⇒参照・引用元:『中央日報(日本語版)』「韓経:資金源枯れ『緊急資金』探す韓国企業…「満期1日CP」2兆ウォン以上あふれる」...
トピック

「スワップライン」とは? 「ドル流動性スワップライン」とは? 

2020年03月19日、FRBは「FEDがスワップラインを拡大し、9カ国の中央銀行と締結すること」を発表しました。 この「スワップライン」は、(中央銀行に対する)流動性スワップ(Central bank liquidity swaps...
トピック

「劉遵義の法則」からすると韓国はいつ「通貨危機」になってもおかしくない

「劉遵義の法則」とは? 「劉遵義の法則」はその国で通貨危機が起こる条件について述べたものです。経済評論家として活躍しておられる三橋貴明先生は、著書『本当はヤバイ!韓国経済』の中で、以下のように紹介していらっしゃいます。 ...
トピック

韓国の「通貨スワップ協定」狂想曲・インドネシアと協定更新に成功

1997年のアジア通貨危機の際、公表していたとおりの外貨準備がなかったことで、韓国はアメリカ合衆国・FRBの国際経済専門家(当時)チャールズ・シーグマンさんを「なぜないの?」と唖然とさせました※。 そのためか、韓国は外貨準備を...
トピック

韓国銀行「通貨安定証券」で非常に危うい 利払いで「6,600億円」にもなる

先に市中からウォンを回収するために韓国銀行が発行する「通貨安定証券」についてご紹介しました。中央銀行にとってその機能が必要であることは理解できますし、韓国銀行の保有する資産が少ないため、債券を発行して(売りオペ用の)資産の代わりに充...
トピック

「韓国の無茶な為替介入」かつて韓国銀行は為替介入のためにウォンを刷っていました

韓国における為替介入についてご紹介します。2008-2009年の韓国通貨危機の前段となる時期に韓国ではウォン高を是正するために為替介入が行われていました。この時期の為替介入は「ウォン売り・ドル買い」です。 つまり、ワロス曲線も本来の意...
from Sponsor
タイトルとURLをコピーしました