【2020年最新版】あれから服部平次は「せやかて工藤」と言ったか?

【Fact1】調べた「驚き」を一生懸命書くサイトです

読んでみよう
from Sponsor
おススメ記事

韓国・鉄鋼の雄『ポスコ』史上初の四半期「赤字」! 営業利益▲1,085億ウォン

from Sponsor

韓国の基幹産業の一つに数えられる「鉄鋼業」。『ポスコ』はまさしく韓国鉄鋼業の金看板企業ですが、この新型コロナウイルス騒動で2020年第2四半期の決算が赤字に転落しました。

売上高:5兆8,848億ウォン(前年同期比:21.3%減少
営業利益:▲1,085億ウォン(前年同期比:115.1%減少

▲はマイナスの意味です

この件を伝えた、韓国メディア『中央日報』の記事から『ポスコ』のコメントを伝えた部分を以下に引用します。

『ポスコ』は「コロナ19による世界的な需要産業不振と市況の悪化で鉄鋼部門では、販売量と販売価格が下落した」とし「第1四半期比で粗鋼生産量は129万t、製品の生産量は87万t減少した」と述べた。

販売量は前四半期より85万t減少した。

⇒参照・引用元:『中央日報』「ポスコ、第2四半期に赤字転換…創立以来初めて」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

赤アンダーライン、強調文字は筆者による

ただし、連結では『ポスコ』はなんとか営業利益「1,677億ウォン」を確保しています。連結売上高「13兆7,216億ウォン」に対して「1,677億ウォン」の営業利益ですので、営業利益率「1.22%」という、かろうじて黒字というレベルですが。

いずれにせよ四半期決算が赤字になるのは『ポスコ』創業以来初めてのこと。先に、『ポスコ』がやむなく高炉の火を消した件をご紹介しましたが、新型コロナウイルス騒動は、鉄鋼業はじめ韓国の主力輸出産業に大ダメージを与えているのです。

⇒参照・引用元:『ポスコ』公式サイト「IR Activities」

(吉田ハンチング@dcp)

from Sponsor
タイトルとURLをコピーしました