おススメ記事
広告

【速報】韓国「7/1~10輸出低迷」で極めて危ない。「貿易収支」赤字。累計黒字「40%」減少

広告

韓国関税庁が2020年07月01-10日の輸出額のデータを公表しました。

韓国にとっては輸出が好調かどうかが最重要ポイントです。

以下のようになっています。

2020年07月01-10日
輸出総額:132億7,200万ドル
前年同期比:▲2億3,300万ドル1.7%減少

▲は「マイナス」の意味です(以下同)

2020年01月01日から07月10日までの累計では以下のようになります。

2020年01月01日-07月10日
輸出総額:2,539億1,400万ドル
前年同期比:▲307億3,900万ドル10.8%減少

直近までの累計では輸出額が「10.8%」の減少です。

さて、最も気になる「貿易収支」。これが赤字ですと韓国の場合お話になりません。輸出1本で食べている国なので、「輸出 – 輸入」が赤字だと国が成立しないからです。

2020年07月01-10日
輸出総額:132億7,200万ドル
輸入総額:141億700万ドル
貿易収支:▲8億3,500万ドル

大変にまずいことに「8億3,500万ドルの赤字」になっています。

もっとも2019年の同期も以下のように赤字でした。

2019年07月01-10日
輸出総額:135億500万ドル
輸入総額:155億2,500万ドル
貿易収支:▲20億2,000万ドル

しかし、季節的要因で赤字と安心などできません。

01月01日~07月10日の累計」で2019年と2020年を比較すると以下のようになります。

2019年2020年
輸出2,846億5,300万ドル2,539億1,400万ドル
輸入2,680億9,400万ドル2,439億5,200万ドル
貿易収支(輸出-輸入)165億5,800万ドル99億6,200万ドル

2019年には「165億5,800万ドル」の黒字だったのに、2020年には「99億6,200万ドル」と、黒字額が「65億9,600万ドル」(39.8%)も減少しました。

これは韓国にとって由々しき事態です。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました