おススメ記事
広告

「韓国株式市場」14日(火)終了・結局、外国人は本日も売り越し!KOSPI小幅安

広告

2020年07月14日(火)の韓国株式市場が締まり、KOSPI(韓国総合株価指数)のチャートは以下のようになりました(チャートは『Investing.com』より引用)。

一時「2,165」まで下落しましたが、上昇し陽線となりました。ただし、前日終値よりも値が安く締まりましたので、非常に小幅ながら株安です。

初動段階では楽しみだった投資家別売買動向は以下になります。

⇒データ引用元:『finance.naver.com』「投資家別売買動向」
上掲データは2020年07月14日15:39現在のものです。

残念ながら、外国人投資家が最後まで買い越しで通すことはありませんでした。「416億ウォン」ながら売り越しです。一方の個人投資家は「4,191億ウォン」の買い越しと大きく動きました。

KOSPIはやはり個人投資家が大きな支えとなっています。日足ではダブルトップっぽくなっていますので、上値は重い感じです。さて、明日はどのようなプライスアクションを見せてくれるでしょうか。

追記
2020年07月15日(水)の韓国株式市場が開きましたので、KOSPIチャートの初動状況を以下の記事にまとめました。本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。個人投資家の皆さんが一気に動きました

「KOSPI」07月15日(水)初動・個人「それ利確だ!」に走る「4.4千億」売り越し!
2020年07月15日(水)の韓国株式市場が開きました。10:00現在、KOSPI(韓国総合株価指数)のチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。 ドンとギャップアップしてスタート...

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました