おススメ記事
広告

「Jコイン? 単なる電子マネーだ」 あー言っちゃったよ!

広告

夕刊フジ』2017年10月17日号に掲載された、須田慎一郎先生の「金融コンフィデンシャル」第2711回に興味深い一節があったので長いですが引用します。

「みずほファイナンシャルグル-プ(みずほFG)が主導する『Jコイン』は、はっきり言って仮想通貨でも何でもない。単なる電子マネーだ。ビットコインなどの仮想通貨を手掛ける事業者は皆、鼻で笑っています。仮想通貨ユーザーはまったく相手にしないでしょう」
ビットコイン取引所に出資する米系大手金融機関系のベンチャーキャピタル代表は、こう断言する。
<<引用ここまで 強調部分は筆者による>>

須田先生がまた聞き書きされているとおりに「皆が鼻で笑っているか」は疑問ですが、みずほFGが先月発表した話だけでは「大丈夫なのか?」と思うことだけは確かです。「(Jコインは)円との等価交換を保証する」とは具体的にナニを指しているのでしょうか!? 現段階では筆者にもよく分かりませんが、先走ってみて、ひょっとして、

1円 = 1Jコイン

みたいな話なのでしょうか? だとしたら、このJコインは脱税や資金洗浄をしやすくするために創設するのでしょうか?

Jコインの準備会には、ゆうちょ銀行をはじめ地方銀行など70行が参加しているとのことですが……。中には「話だけは聞いておこう」という行員さんもいらっしゃるでしょう。でもその話、本当に大丈夫なスジに聞こえますか!?

Jコインに「フン」という気持ちなのは須田先生も同じなのでしょう。同記事内ので須田先生は、仮想通貨の最大の弱点はウォレットの脆弱性とし、「日本に本社を置くITベンチャーが、ウォレットのハッキングを防ぐ画期的なシステムの開発に成功」と述べています。

その上で「どうやら仮想通貨ビジネスは最大のウイークポイントの克服に成功したようだ。仮想通貨がさらなる成長を遂げる時が来たとみていいだろう。」と結んでいます。

こちらも大丈夫でしょうか!?

(柏ケミカル@dcp)

タイトルとURLをコピーしました