おススメ記事
広告

【韓国K空母】F-35Bを「20機」載せるそうです。ざっくり4兆ウォン

広告

韓国国防部が戦力化を表明した「韓国版軽空母」については、韓国メディアではおおむね称賛する報道が出ています。ただし、空母に載っける飛行機はどうすんだ、という話があるわけです。

先にご紹介したとおり、国防部は「垂直離着陸できるF-35B」を想定しているようですが、これは非常に高価な戦闘機。何機購入するのかという話ですが、先の記事ではこれについて引用し損ないましたので、改めて『朝鮮日報』の記事から以下に引用します。

記事の書き手は、「朝鮮日報論説委員・軍事専門記者」のユ・ヨンウォンという人です。

軽空母用F-35Bは、20機導入されることが分かった。

短距離離陸・垂直着陸能力があるF-35Bは、F-35Aに比べて武装搭載量は少ないが、価格はむしろ30%ほど高い。

F-35Bを20機導入するには最低でも3兆~4兆ウォンのお金がかかることが予想される。

これにより、当初来年着手する予定だった空軍のF-35A20機追加導入事業(4兆ウォン規模)が遅延されることはないかという懸念が出ている。

二事業を合わせると7兆~8兆ウォンに達し、空軍の予算上、二事業を同時に推進することは難しいからである。

⇒参照・引用元:『朝鮮日報』「スピード上げる韓国型軽空母、米ワプス級より大きくする」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

というわけで、国防部の予算にはそもそもF-35Bの導入予算は計上されていなかったのです。ところが、にわかに韓国版軽空母を戦力化となったため、この分の予算を捻り出さなければならない、と。

海外に販売する場合は「1機150億円約1,685億ウォン)以上になる」といわれますので、これを20機買うと「3兆3,708億ウォン」になります。

記事では「3~4兆ウォン」としていますが、3兆ウォンでは不可能でしょう。ざっくり「4兆ウォン」というのがイイ線ではないでしょうか。

空軍の「F-35A」の追加購入事業が進行している中、これに追加で4兆ウォンを足すのは予算的にムリです。

ちなみに、本年度導入するはずだった「F-35A」は、新型コロナウイルス騒動の対策費を捻出するために先送りになっています。国防予算が削られたためです。全部で9,047億ウォン削られ、海軍艦艇用の「イージスシステム」の導入も先送りになりました。

韓国政府「資金確保」のため「ステルス戦闘機F35導入」を諦める!「為替介入」の原資も減る!
2020年04月16日、韓国メディア『毎日経済』に「ステルス機を買うお金を災害支援金に…国防費9,000億ウォン削減」という記事が出ました。 韓国政府は新型コロナウイルス騒動によって生活が危うくなった国民に「緊急災害支援金」を支給する...

筆者(バカ)は、中国の没落と共に韓国の経済は悪くなるので、国防に突っ込める資金が減って「空母なんか要らなかったんじゃないの?」となるのではないか、と予想します。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました