おススメ記事
広告

「韓国株式市場」16日(水)決着。個人・外国人共に買い越しだがKOSPI「2,440割れ」

広告

2020年09月16日(水)の韓国株式市場が締まり、KOSPI(韓国総合株価指数)のチャートは以下のようになりました(チャートは『Investing.com』より引用)。

陰線となり、ほぼ前日の始値まで戻ってしまいました、KOSPIは再び「2,440割れ」です。

以下は投資家別売買動向です。

⇒データ引用元:『finance.naver.com』「投資家別売買動向」
上掲データは2020年09月16日15:30現在のものです。

初動段階では「2」という驚愕の数字でしたが、本日は外国人投資家が珍しく買い越しで終了です。金額は「1,457億ウォン」。一方の個人投資家は「1,892億ウォン」の買い越し。外国人投資家、個人投資家が共に買い越しで締まりました。

株安進行ですが、この程度なら調整の範囲でしょう。明日のプライスアクションに期待です。

追記
2020年09月17日(木)の韓国株式市場が開きましたので、KOSPIチャートの初動状況を以下の記事にまとめました。本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。

https://money1.jp/archives/32327

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました