おススメ記事
広告

『韓国銀行』李総裁が警告!韓国の家計は「借金で株・不動産へ投資してる」

広告

2020年10月14日、金融通貨委員会の後の記者懇談会で『韓国銀行』の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は「家計負債の増加幅が拡大している点を懸念せずにはいられない」と発言しました。

2020年10月13日に公表した「2020年09月中の金融市場の動向」と資料によれば、

銀行の家計への貸出
08月:11.7兆ウォン
09月:9.6兆ウォン

⇒参照・引用元:『韓国銀行』公式サイト「2020年09月中の金融市場の動向」

と高水準を維持し続けています。09月は「9.6兆ウォン」銀行から借金を増やしていますが、前年同期は「4.8兆ウォン」でしたので、貸出金額はになったわけです。

新型コロナウイルス騒動で仕方がないとはいえ、家計の債務は急増を続けています。

韓国メディア『亜州経済(韓国版)』の記事によると李総裁は以下のように述べています。

(前略)
「家計融資によって増えた資金が資産市場に過度に流入する場合、追加の金融不均衡の蓄積の要因として作用するので、軽く見ることはできない」と強調した。

「第3四半期連続で家計負債の増加率が高くなっている状況」

「特に06月以降は、住宅の取引株式投資資金需要が増え、貸付を中心に家計融資が大幅に増加した
(後略)

⇒参照・引用元:『亜州経済(韓国版)』「李柱烈『家計負債の増加の拡大は懸念せざるを得ない』」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

赤アンダーライン、強調文字は筆者による

家計に貸し付けられた資金が、資産市場とりわけ「不動産」「株式」に回っているというのです。これは資産バブルと考えられます。

『韓国銀行』の総裁が自らの口で語ったことに意味があります。このバブルがはじけないかにも注意が必要です。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました