おススメ記事
広告

「完全に任天堂のパチモン」を作っていた中国メーカーが破産申請!

広告

『South China Morning Post』紙が面白い件を報じていますのでご紹介します。1980年代に中国の子供を熱狂させたパチモンの中国ゲーム機メーカーが破産申請したというのです。

上掲が『SUBOR D99 Home TV Video Game Console Classic Games Machine SFC/NES Double Handles』です。「SFC/NES」ですので、「スーパーファミコン」と「ニンテンドー・エンターテインメント・システム」(ファミコン)の両方の機能を持つコンソールで、「500 IN 1」などという一つのカートリッジに500本のソフトが入っているというスゴいものもあったようです。

完全な任天堂の海賊版ですが、1980年代の中国の子供はこのようなコンソールゲーム機を使って『スーパーマリオブラザーズ』などを楽しんでいたようです。

その『Subor』が破産申請と相成ったというのですが、『Subor』の法廷代理人となっているFeng Baolunさんは中国当局のデータベースでは、「信用できない個人」としてリストアップされており、「高級な消費活動」が制限されているとのこと。

日本人からすると、このような完全な海賊版を手掛けたメーカーがまだ残っていたことの方が不思議ではないでしょうか。

⇒参照・引用元:『South China Morning Post』「Bootleg gaming console maker Subor faces bankruptcy as frontman barred from air travel」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました