おススメ記事
広告

韓国輸出「2020年最後の11日間」で急回復!できすぎでは?

広告

2021年01月01日、韓国の産業通商資源部から2020年12月輸出入のデータが出ました(基データは関税庁)。

2020年12月01~31日
輸出:514.1億ドル(対前年同期比:12.6%)
輸入:444.6億ドル(対前年同期比:1.8%)
貿易収支:69.5億ドル

1日平均輸出額:21.4億ドル(対前年同期比:7.9%)

これで締まったとのことですが、若干できすぎ感があります。

先にご紹介しましたが12月01-2日は、以下のような結果でした。

2020年12月01~20日
輸出金額:308.9億ドル(前年同期比:3.8億ドル増加/1.2%増加
輸入金額:277.1億ドル(前年同期比:24.1億ドル減少/8.0%減少
貿易収支:31.0億ドル(前年同期比:1.7億ドル減少/5.3%減少

1日平均輸出額:19.9億ドル

12月21-31日の11日間で、

・輸出:205.2億ドル増加
・輸入:167.5億ドル増加

だったことになります。20日までは1日平均「19.9億ドル」だったものが、31日まででは「21.4億ドル」に上昇したのです。最後の11日間はこれまでにないハイペースで輸出したことになります。こういうのは年末の駆け込み輸出というのでしょうか。

⇒参照・引用元:『産業通商資源部』「2020年12月の輸出入動向」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました