おススメ記事
広告

韓国株式「そろそろ危ない」の声「10兆突っ込んだ個人」は間に合ったか?

広告

上掲のように、調子良く上がってきたKOSPI(韓国総合株価指数)が天井圏で停滞。2021年01月15日には前日比「2.03%」下落しました(チャートは『Investing.com』より引用:以下同/日足)。

このプチ暴落に韓国メディアも注目しています。例えば毎度おなじみ『毎日経済』では「終電に飛び乗った東学アリは戦々恐々」といった記事を出しています。猫も杓子も株式を購入しているので最近自分も始めてみた……なんて個人投資家は報われるのか(間に合ったのか)?というわけです。

以下をご覧ください。

2021年01月11~15日の1週間だけでも個人投資家は「9兆8,003億ウォン」も買い越しています。巨額を買い越していますが、この1週間では以下の週足で見るとおり下がっているのです。

これだけ個人が突っ込んでいるのに上がりません。「そろそろ危ない」と言われるのも無理はありません。先にご紹介したとおり、『韓国銀行』の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は「バブルと判断できるかどうか意見は分かれるが注視している」旨の、むにゃむにゃした発言をしています。

読者の皆さんはどのように先を予測されますか?

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました