おススメ記事
広告

「韓国は基軸通貨国ではない」分かっているのに……債務比率48.2%

広告

「やっちゃってから言ってもなぁ……」ですし、「分かってるならなぜ止めない」という話でもあります。韓国のばらまき政策についてです。

韓国の文在寅政権は第4時災害支援金の給付を19.5兆ウォン規模とまとめました。約10兆ウォンの国債を発行し、予備費・『韓国銀行』・基金など根こそぎ動員しての給付です。

洪長官は分かっている! なのに……

注目すべきは、これが決まってからの洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官の発言です。以下をご覧ください。

「今年の第1次補正予算では、政府債務の対GDP比を48.2%に引き上げる可能性が高い」

「この数字自体はまだOECD平均より低いが、上昇ペースは間違いなく心配だ」

確かに心配です。先にご紹介した世界的格付け会社『フィッチ』が韓国政府に開陳した、

「GDP比国家負債比率が2023年に46%まで増加する場合、中期的な国家信用格付けに下方圧力として作用する」

という「しきい値」である「46%」を2021年で達成してしまうことを認めています。

この「46%」が頭にあったのでしょう、洪長官は以下のようにも発言しています。

韓国は非基軸通貨国だ

国際的な信用管理は非基軸通貨国ごとに非常に重要だ」

「2019年現在、OECDの基軸通貨国の政府債務対GDP比の平均は100%を超え、非基軸通貨国の平均は50%を下回っている

「韓国の財政支出は、経済成長率の低下傾向人口減少急速な高齢化などにより、特に急増する可能性があることにも留意すべきだ」

ハードカレシー(ドル・ユーロ・円・ポンド・スイスフランなど)を持たない国は国の信用が大事であり、実際ハードカレンシーを持つ国は債務比率が100%超えていても平気だが、ハードカレンシーを持たない国は債務比率が50%以下だ――といっています。

つまり、OECD平均となで切りにはできないのです。ハードカレンシーを持つ国・持たなくと分けて考えないといけません。

韓国は債務比率を50%以下に収めないといけないのに、「OECD平均」を見て「まだいける!」として負債を急増させています。このままではいかん、というわけです。

洪長官は理解できているのです。なのに、文在寅大統領・与党の指示に従ってばらまきの旗振りをしなければならない立場。企画財政部(財務省に当たります)のトップですから。

ばかばかしいといえば、これほどばかばかしい話もないかもしれません。

⇒参照・引用元:『BusinessKorea』「Deputy Prime Minister Expressing Concerns over Government Debt」

普通は「基軸通貨」というとアメリカ合衆国の「ドル」を指すのですが、韓国の皆さんは学者・研究者も含めて多くの場合「ハードカレンシー」を「基軸通貨」と呼ぶことが多いです。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました