おススメ記事
広告

米イエレン長官が通貨スワップを評価と韓国メディアが報道。本当に?

広告

韓国メディア『中央日報(日本語版)』に「米財務長官『韓国の危機克服に米韓通貨スワップ重要』」という記事が出ています。

アメリカ合衆国バイデン政権下で財務長官となったジャネット・イエレンさんが、韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官と2021年03月17日に電話会談を行ったことを報じた記事ですが、記事内に以下のような箇所があります。

(前略)
洪副首相はこの日、「バイデン政権の核心経済議題と韓国政府の政策基調は共通分母が多く、協力の余地が大きい」と述べた。

イエレン長官は「2008年のグローバル金融危機後、危機克服において米韓通貨スワップが重要だった」と強調した。

2008年の金融危機当時の韓米通貨スワップは2010年02月に終了した。
(後略)

先にご紹介したとおり、『中央日報(日本語版)』はとにかく「通貨スワップ」を絡めて記事を作るのが大好きなメディア。

キミはなぜ『通貨スワップ』って67回も言うんや――という件
最初に「小ネタで申し訳ありません」と謝罪をさせていただいてから始めます。 前々から『中央日報(日本語版)』には「『通貨スワップ』についての記事がよく登場するなぁ」という印象がありました。 そこで、同メディアで「通貨スワップ」とい...

本当にイエレンさんは「通貨スワップ」についての発言など行ったのでしょうか? まず合衆国財務省側の資料に当たってみました。

上掲が、『合衆国財務省』の公式サイトにあるプレスリリースです。

March 16, 2021
WASHINGTON, DC

U.S. Treasury Secretary Janet L. Yellen spoke today with Deputy Prime Minister and Minister of Economy and Finance Namki Hong of the Republic of Korea. Secretary Yellen reaffirmed the importance of the U.S.-Korea alliance, and emphasized her readiness to deepen economic and financial cooperation between the U.S. and Korea. The Secretary conveyed her strong intention to work with Korea, both bilaterally and multilaterally, on regional and global challenges including the economic response to the COVID-19 pandemic and climate change.

2021年03月16日
ワシントンDC

ジャネット・L・イエレン財務長官は本日、韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官と会談しました。

イエレン財務長官は、米韓同盟の重要性を再確認するとともに、米韓間の経済・金融協力を深める用意があることを強調しました。

長官は、COVID-19パンデミックへの経済的対応や気候変動を含む地域的・世界的課題について、二国間および多国間で韓国と協力していくという強い意思を伝えました。

⇒参照・引用元:『アメリカ合衆国 財務省』公式サイト「READOUT: Secretary of the Treasury Janet L. Yellen’s Call with Deputy Prime Minister and Minister of Economy and Finance Namki Hong of the Republic of Korea」

合衆国財務省の出したプレスリリースはさらっとしたもので、「通貨スワップ」のような細かい話には全く触れていません。

次に、以下が韓国企画財政部が出したプレスリリースです。

⇒参照・引用元:『韓国 企画財政部』公式サイト「ホンナムギ副 – 米財務長官間の通話の結果」

こちらには「通貨スワップ」に触れた箇所がありました。以下です。

○부총리는駐美대사관근무당시샌프란시스코연방준비은행총재였던옐런장관의명성을언급했고,옐런장관은‘08년글로벌금융위기이후한국방문과위기극복에있어서한미통화스와프의중요성을언급하였다.

○ホン副首相は、自身が駐米大使館勤務当時にサンフランシスコ連邦準備銀行総裁であったイエレン長官の評判に触れ、イエレン長官は、韓国を襲った2008年のグローバル金融危機で危機の克服において米韓通貨スワップが果たした役割の重要性に言及した。

ただ、これは2人して2008年当時の昔話をした――というふうにも読めます。

イエレンさんは2004~2010年サンフランシスコ連邦準備銀行の総裁でした。2008年のリーマンショックの際、駐米大使館勤務だった洪副首相が「あなたの評判は聞いていましたよ」と話したのでしょう。恐らくイエレンさんと個人的な接点がこの程度しかなかったと思われます。

イエレンさんがこれに応えて「あの時は韓国も大変でしたね」と話した。そんな感じだったのではないでしょうか。いや、もちろん推測です。

ともあれ、『中央日報(日本語版)』の記事はこの韓国政府のプレスリリースを基に書かれたようです。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました