おススメ記事
広告

韓国のインフレ懸念が深まる。9年1カ月ぶりの高水準まできた

広告

2021年06月02日、韓国の統計庁が「2021年5月の消費者物価動向」を公表しました。

2021年の消費者物価指数(対前年同期比)
01月:0.9%上昇
02月:1.1%上昇
03月:1.5%上昇
04月:2.3%上昇
05月:2.6%上昇

直近1年の指数の推移を見ると以下のようになります(2015年=100)。

9年1カ月ぶりの高値となりました。「2020年12月:105.67」から物価が急上昇を続けていることが分かります。

インフレが余りに進むと問題です。インフレ抑制のためには金利を上げる必要がありますが、家計負債、企業負債が最高に膨れあがっているため、拙速な金利上昇には懸念があります。

難しい局面になってきました。

⇒参照・引用元:『韓国 統計庁』公式サイト「2021年5月の消費者物価動向」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました