おススメ記事
広告

韓国「ばらまき30兆規模」に強気な理由とは?

広告

韓国政府が大規模な「全国民慰労金」(正確には名称がどうなるか未定)のばらまきのために2021年第2次補正予算の準備にかかっています。政府与党の要求をそのまま容れれば30兆ウォン(約2兆9,700億円)超えの予定ですが、本当に実行しそうです。

これで通算、第5次災害支援金になります。

税収が予定よりも多かった!

先に洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官が「20兆ウォン」(約1兆9,800億円)規模であれば、赤字国債を発行しなくてもできそうだ――という見通しを述べているのですが、洪長官にしてはずいぶん強気です。

なぜこのように「大丈夫」と太鼓判を押せるのでしょうか?

2021年06月07日、企画財政部の公表した「6月の財政動向」にその答えがあります。以下は同資料から引用した2021年04月までの韓国政府の財政収支の累積推移です。

2021年01月からずんずん赤字がかさんできたのですが、04月にプラス方向に戻しているのがお分かりいただけるでしょう。

税収が予定よりも増加したのです。04月単月で見ると、以下のようになかなかいい成績です。

収入:65.5兆ウォン
支出:51.8兆ウォン
収支:13.8兆ウォン

単純に政府収入から支出を引いた収支、すなわち統合財政収支13.8兆ウォン(約1兆3,662億円)の黒字で、年金基金など社会保険基金の収支も織り込んだ管理財政収支も5.6兆ウォン(約5,544億円)の黒字になりました。

2020年01~04月累積
財政収支:-43.6兆ウォン

2021年01~04月累積
財政収支:-16.3兆ウォン

上掲のように、04月までの累積赤字を比較してみると「+27兆ウォン」と非常にましになりました。で、「補正予算を組んで20兆ウォンまいてもいけるでぇ」となっているわけです。

もちろんこのままのプラス傾向で維持できれば、の話なのですが。

⇒参照・引用元:『韓国 企画財政部』公式サイト「6月の財政動向」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました