おススメ記事
広告

韓国『大韓・アシアナ航空』さらに「6千億」必要と判明

広告

国策銀行『産業銀行』の旗振りで合併に向かってまい進中の韓国『大韓航空』と『アシアナ航空』ですが、とりあえず絵図では、以下のような支配構造までもっていく予定です。

それはいいのですが、韓国メディア『亜州経済』に、『大韓航空』が『アシアナ航空』を買収後、統合するまでにさらに6,000億ウォン(約576億円)必要である――という記事が出ました。

同記事は、国土交通委員会所属のパク・サンヒョク『共に民主党』議員の資料を基にしたものです。

以下に一部を引用します。

(前略)大韓航空はアジアナ航空買収後、統合戦略(PMI)で統合費用を6,000億ウォンと推定した。

買収資金(2兆5000億ウォン)を加えれば、大韓航空は統合航空会社の発足に向け、計3兆1000億ウォンを投入するのだ。

買収資金のほか、統合費用が追加で発生し、大韓航空の負担が大きくなった
(後略)

⇒参照・引用元:『亜州経済(日本語版)』「大韓航空、アシアナ統合費用6,000億ウォンと試算」

赤アンダーライン、強調文字は筆者による

この『大韓航空』に必要な追加資金6,000億ウォンですが、また有償増資を行うか、社債発行で調達することになるでしょう。返済義務がない有償増資の方が望ましいですが、こないだ行ったばかりなので「またなの?」となりそうです。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました