おススメ記事
広告

韓国大統領候補の李洛淵(イ・ナギョン)千坪の土地保有が発覚。「個人の土地保有は4百坪に規制」と主張した本人が

広告

日本で「知日派(!)の有力大統領候補」などと紹介されている李洛淵(イ・ナギョン)さん。

韓国メディアでとんでもない瑕疵(かし)がすっぱ抜かれました。

韓国では不動産価格が異常な高騰を続けていますので、与党・野党を問わず、議員は「土地投機を制限すべき」と声明を発しては国民の歓心を買おうとします。

李さんは大統領候補になるほど政府与党『共に民主党』の重鎮。

李さんは、

「ソウルや広域市では、1人が所有できる不動産は400坪(約1,320㎡)までに規制すべきだ

と主張していたのですが、当の本人は、

ソウルと全羅南道に1,000坪以上の不動産を所有していた

ことが分かりました。正確には「1,095坪」の土地を保有しているとのこと。

本人は「両親から相続した土地で、取得経緯には全く違法な要素はない」と釈明したようですが、どうにも体裁の悪い話です。

なぜ我が身のことを調べてから発言しなかったのでしょうか。

李洛淵さんは「不動産投機を根絶する!」として「宅地所有上限法」の復活を発議していました。この法律では、ソウルと広域市で1人当たり宅地を400坪以上所有することができないと定めています。しかし、同法は国民の財産権に制限をかけるものとして1999年に廃止となりました。

⇒参照・引用元:『ChosunBiz』「『400坪以上の土地所有禁止』と主張したイ・ナギョン、本人は1000坪の土地保有」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました