おススメ記事
広告

【損失18.5%】韓国文大統領のファンドを信じて大損――という話

広告

韓国文在寅大統領が退任まで2週間を切りました。そのため韓国メディアでは文大統領の業績を批判する記事が多くなっています。

文大統領が韓国の次期主力産業と雇用を生むとしてぶち上げた「韓国版ニューディール」を覚えていらっしゃるでしょうか。

まあそれはいいのですが、問題はこの構想を実現するための資金集めのためにつくったファンド――「ニューディールファンド」です。

韓国というのは、何かというと「○○ファンド」「□□□基金」を作るヘンな国です。

これまでも歴代政権が何か新しい政策を打ち出すために「なんとかファンド」をつくってはお金を集めました。しかし、政権が交代すると忘れられ、その政策も維持されなくなるためにそれらのファンドは残念な結果となってきたのです。

この文政権末期、大音量で喧伝したニューディールファンドはどのような状況になっているでしょうか?

現況を示す面白い話が韓国メディア『ソウル経済』に出ています。同紙の記事からデータを引いてみます。

⇒参照・引用元:『ソウル経済』「文따라 피같은 내돈 넣었는데…뉴딜펀드 원금도 못건질판」

文大統領自身も実際にお金を入れて投資しています。

文大統領が投資したのは「TIGER KRX BBIG K-ニューディール上場指数ファンド(ETF)」「サムスンニューディールコリアファンド」「KBコリアニューディールファンド」「SRIグリーン」「HANARO Fn K-ニューディジタルプラスETF」の5つです。

『韓国ファンド評価』(略称:KFR)によると、これらのファンドの収益率は……。

2022年04月25日時点の収益率
TIGER KRX BBIG K-ニューディール上場指数ファンド(ETF):-33.80%
サムスンニューディールコリアファンド:+0.2%
KBコリアニューディールファンド:-11.10%
SRIグリーン:-17.10%
HANARO Fn K-ニューディジタルプラスETF:-30.60%
平均収益率:-18.54%

もっともKOSPIが下落傾向にあるので当然の結果ですが、大損です。

文大統領が投じた5,000万ウォン18.54%資産価値を減じていることになります。

ご本人は、いわば自ら主導したプロジェクトの結果ですので仕方がないと納得できるかもしれませんが、文大統領を信じて資金を投入して人がいらっしゃいます(文大統領がどのファンドに資金を投入したのかがオープンになっているので)。

これらの人は「文大統領を信じてお金を入れたのにー」と怒っているのではないでしょうか。

もちろん、株価が回復すれば収益率も好転しますから、気長に待たないと仕方がありませんね。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました