おススメ記事
広告

韓国「尹錫悦の逆襲!」文大統領は恐らく激怒した

広告

韓国の次期大統領に選ばれた尹錫悦(ユン・ソギョル)さんが、2022年03月10日、当選後初めて国民に対する演説を行いました。

この中に絶対に見逃せないポイントがありますのでご紹介します。そして、この点において現在の文在寅大統領、また彼をとりまく進歩派といわれる勢力は激怒しているはずです。

以下に引きます。

(前略)
尹錫悦政府は、自由民主主義と市場経済を確立し、危機を乗り越え、統合と繁栄の時代を開きます。

自由民主主義を脅かすいかなる勢力と理念をも遠ざけ、国民の常識に基づいて国政を運営します。

これにより国民個々人に公正な機会が保障され、自律と創意を存分に発揮できるダイナミックな国、労働の価値が尊重され、働く人がよりよく暮らす国を作ります。

この部分は、文大統領自身、また文政権を支えた勢力に対する痛烈な批判であり、逆襲の表明です。

お分かりになりますでしょうか。

韓国から「自由」をなくそうとした文政権

Money1でもご紹介したことがありますが、文大統領とその政権は、韓国の「自由民主主義」から自由を削ろうとしていました。

本当です。

日本ではほとんど知られていないかもしれませんが、文政権は前朴槿恵(パク・クネ)政権が導入しようとした国定歴史教科書を旧時代的・教育の政治利用などという言葉を使って全否定。廃止して新しい検定歴史教科書を導入しました(2020年度から)。

驚くなかれ、文政権下で新たに作られたこの検定歴史教科書では、それまでの「自由民主主義」が全て「民主主義」に書き換えられているのです。

文字どおり「自由」がなくなりました。

これはむしろ些事かもしれません。これまたMoney1でもご紹介したことがありますが、文政権は韓国の憲法からも「自由」の表記を削ろうとしていたのです。

本当です。

2018年に「国会憲法改正特別委員会」の諮問委員会から出てきた改正案では、

於:前文
自由民主的基本秩序 ⇒ 自由で平等な民主社会実現

於:第四条
自由民主的基本秩序に立脚した平和統一 ⇒ 民主的基本秩序に立脚した平和統一

と変更する旨が盛り込まれていました。

ではなぜ文政権はこのような愚行をなしたのでしょうか。答えは簡単です。

北朝鮮との統一に備えて、です。

自由民主的基本秩序」というのは、当然ですが「一党独裁」「世襲の首領が何もかもを決める中世の王朝国家のような国」を全否定する言葉です。

そのため、北朝鮮との統一を成し遂げるためには「自由民主的基本秩序」の「自由」が邪魔なのです。北朝鮮の国体を認めるために、韓国の自由民主体制のレベルを下げようとしたのです。全体主義、一党独裁、世襲制の王朝国家を容認できる国、国民にしようと企んだのです。

恐ろしいことだとは思われないでしょうか?

「自由民主主義って言いやがった。けしからん」

上掲の尹次期大統領の演説は、これまでの文大統領・文政権の施策を粉微塵に打ち砕く宣言です。

自由民主主義と市場経済を確立し、危機を乗り越え、統合と繁栄の時代を開きます

とはっきり述べています。

進歩派という人々からすれば「自由民主主義って言いやがった。けしからん」(どんな言い草だ)と激怒するような言葉なのです。

恐らく文大統領も激怒しているでしょう。

また、

自由民主主義を脅かすいかなる勢力と理念をも遠ざけ

と述べています。

つまり「自由民主主義を脅かす勢力」とは、まさに文在寅そのシンパ進歩派政府与党『共に民主党』のことです。

お前らから離れ、「国民の常識に基づいて国政を運営します」と述べています。お前らは非常識だと名指しているのです。

名指しされた人々には「オレのことだ」と分かっています。

韓国ではこれから戦いが始まるのです。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました