おススメ記事
広告

【速報】韓国「ローンスターOINK事案」判決出た!

広告

韓国の法務部が速報的にプレスリリースを出しました。

2022年08月31日、先にご紹介した「ローンスター損害賠償事件」ですが、『ICSID』(International Centre for Settlement of Investment Disputesの略:国際投資紛争解決センター)が判決を出しました。

これから同部から詳報が出ますが、先に判決内容だけを出しています。


↑Googleの自動翻訳なので日本語がヘンなところがありますがご寛恕ください。

⇒参照・引用元:『韓国 法務部』公式サイト「ローンスター国際投資紛争事件判定宣告関連」

ローンスターが損害賠償請求した「46.8億ドル」のうち、「2億1,650万ドル」だけを認めました。

それにしても、この法務部のプレスリリースは、請求されたうちの「約4.6%が認められた」と、安く抑えたことを誇るような書きようです。

鉄槌というほどではない結果となりました。

法務部から数時間後に詳報が出ますので、それを待ってまたご紹介するようにいたします。

今回の判決は、韓国政府の敗北です。詳報については以下の記事をご参照ください。

OINK「ローンスター事案」判決は「韓国政府の有罪」確定です。「実質的勝利」ではなく敗北です
裁定が出た直後に韓国メディアでは「賠償金額がわずかになった」「実質的勝利」などと報じていましたが、認識が間違っています。 結論からいえば、これは「韓国政府によるフェアでない介入があった」という有罪判定です。 韓国でしか起こらない...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました