おススメ記事
広告

瀕死の韓国『双竜自動車』1,800億で土地売るで! 売却代金の半分は「借金返済」に消える

広告

瀕死の『大韓航空』がソウルに保有する土地を売却して資金繰りに充てようとしてソウル市ともめているという話を先にご紹介しました。

新型コロナウイルス騒動で資金繰りが悪化しているため、韓国企業はどこも保有する資産の売却を開始しています。

頓死する可能性のある、あの『双竜自動車』も例外ではありません。

2020年06月01日、韓国メディア『中央日報』に同社が保有するサービスセンターの敷地を「1,800億ウォンで売却する」という記事が出ました。

同記事から一部を引用します。

(前略)
『双竜自動車』は、非中核資産の売却などのリストラを通じた財務構造の改善と投資財源を確保するために、ソウルのサービスセンターの売却契約を締結したと1日明らかにした。

優先交渉対象者は『PIA資産運用』で順調に進行した場合、今月末に売却代金が入ると思われる。

先に『双竜自動車』は、資産運用会社など20カ所を対象に入札ガイドを発送し、このうち8社が入札に参加した。九老洞サービスセンターの土地面積は1万8,089平方メートル(約5,482坪)である。

(中略)

今回の売却で『双竜自動車』は、流動性の負担を多少なりとも軽減できると思われる。売却代金1,800億ウォンのうち半分は、7月満期が到来する『産業銀行』借入金(900億ウォン)の返済に優先的に使われる予定だ。
(後略)

⇒参照・引用元:『中央日報』「双竜車、九老洞サービスセンター1,800億ウォンで売却… 流動性青息吐息」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

赤アンダーライン、強調文字は筆者による

『大韓航空』の場合はもめていますが、『双竜自動車』の方はすでに売却が決定したようです。

ただ、この売却代金「1,800億ウォン」も半分はすぐに借金の返済に使われるとのこと。

同社が必要な資金はまだ足りず、頓死寸前な状況に変わりありません。

『双竜自動車』は保有資産の売却をさらに進めるとのこと。あの! まだ1ウォンもない「40兆ウォン規模基幹産業安定基金」からの支援が望み薄になりつつありますので、慌てて資産売却に走ったのでしょう。

一部の識者からは「そんなことは先にやっとこう」といった声もあるそうで、これは至極当然の反応でしょう。

なにせ13四半期連続(3年3カ月)赤字の企業ですから、どこかでせめて1四半期だけでも黒字にしておくべきでした。そうすれば機関投資家や政府の心証もずいぶん変わったのではないでしょうか。

(柏ケミカル@dcp)

広告
【速報】韓国05月の輸出23.7%急減!貿易収支かろうじて黒字
韓国は輸出1本で食べている国ですので、輸出が傾き「貿易収支」(輸出から輸入を引いて求めます)が赤字になると国が傾きます。04月はこの貿易収支が赤字だと大騒ぎをしていたわけですが、韓国の「産業通商資源部」から05月の速報値が公開されたとのこと...
【中国企業】ウソがばれて株価「92%」大暴落!04月01日の株価はウソでした(笑)
中国の『スターバックス』といわれ、2019年05月17日にアメリカ合衆国のNASDAQ市場に上場した中国企業『Luckin Coffee(ラッキンコーヒー:瑞幸珈琲)』。 『ラッキンコーヒー』は2017年の創業からわずか1年半で上場を...
【05/29最新版】韓国の「通貨スワップ」利用状況をFEDデータで確認。……定点観測です
韓国がアメリカ合衆国のFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)と締結したドル流動性スワップ※1の利用状況について注目しています。 ドル流動性スワップはカウンターパートナーである海外の中央銀行に「ドル」...
【中国の国有企業】01-04月の利益「63%」急減!コロナ騒動の被害が甚大
新型コロナウイルス騒動によって、2020年に入ってからの韓国企業の決算はひどい目に遭っていますが、中国でも同様に企業の経営危機が顕在化しています。 2020年05月26日、『ChinaFocus』に中国国営企業の利益が急減少したことを...
タイトルとURLをコピーしました