おススメ記事
広告

【中国企業】ウソがばれて株価「92%」大暴落!04月01日の株価はウソでした(笑)

広告

中国の『スターバックス』といわれ、2019年05月17日にアメリカ合衆国のNASDAQ市場に上場した中国企業『Luckin Coffee(ラッキンコーヒー瑞幸珈琲)』。

『ラッキンコーヒー』は2017年の創業からわずか1年半で上場を果たし、上場の8カ月後には株式の時価総額が「120億ドル」になるという成功ぶりでした。

↑自社ホームページでNASDAQ上場を伝えている『ラッキンコーヒー』
⇒参照・引用元:『Luckin Coffee』公式サイト

ところが、その売上が水増しされていたことが分かり、株価は大暴落。

『Wall Street Jornal(ウォール・ストリート・ジャーナル)』に詳細なリポートが出ていますが、この売上のかさ上げは、会社上層部の数人が自分たちの関係会社に「数千万杯もの『クーポン』を買わせる」などの手口で行われていたようです。

以下の『ラッキンコーヒー』の株価チャートをご覧ください。

『ラッキンコーヒー』自身が粉飾を認めたのは「04月02日」で、この日の終値は「6.40ドル」。ウソを認める前日「04月01日」の終値が「26.20ドル」なので「75.6%」下落しました。わずか1日で約2.6億株が売られたのです。

偶然の巡り合わせでしょうが、エイプリルフールの翌日にこれまでのウソを告白した、というのが……。

『ラッキンコーヒー』の株価は2020年01月17日には一時「51.38ドル」までいったのですが、05月29日の終値は「2.16ドル」なので「91.8%」ダウンです。

ナスダックは上場廃止にもっていくつもりですが、05月20日から取引が再開されています。合衆国政府の中国に対する姿勢もありますし、合衆国の市場ではインチキをしている中国企業については「退場せよ」という圧力が強まるでしょう。

(柏ケミカル@dcp)

広告
合衆国は「韓国は本当に同盟国か?」と問う。「合衆国-香港政策法」には韓国も登場するし「G7」もあるし
中国が香港への「国家安全法」の導入を決定。アメリカ合衆国、イギリス、カナダ、オーストラリアの4カ国はすぐさまこの決定を非難する声明を発表しました。 韓国は今のところ香港問題についてだんまりを決め込んでいます。「触らぬ神に祟りなし」「合...
「韓国政府はオレたちに105兆ウォン回せ!」という話。韓国製造業の苦境が深刻!
新型コロナウイルス騒動による経済的危機が韓国を覆っています。 05月最終週になって、まずサービス業に現れた打撃が製造業も襲っている、というデータが明らかになっています。 数字で明らかな韓国製造業の危機 韓国の製造業の稼働率...
キミはなぜ『通貨スワップ』って67回も言うんや――という件
最初に「小ネタで申し訳ありません」と謝罪をさせていただいてから始めます。 前々から『中央日報(日本語版)』には「『通貨スワップ』についての記事がよく登場するなぁ」という印象がありました。 そこで、同メディアで「通貨スワップ」とい...
ソウル市が困窮『大韓航空』の足元を見る!「2千億ウォンで買うよ」「ふざけるな!」で大もめ
韓国のフラッグ・キャリア※の航空会社『大韓航空』が倒産の危機に瀕していることは先からご紹介しているとおりです。 会社を存続させるために資産の売却などを進めているのですが、この件で面白い報道が出ました。 要旨は以下のとおりです。 ...
タイトルとURLをコピーしました