おススメ記事

韓国「豪州との通貨スワップ」5年間に延長!「120億豪ドル/9.6兆ウォン」

広告

2023年02月06日、『韓国銀行』は『オーストラリア準備銀行』(中央銀行)との「通貨スワップ」を5年間延長する契約を締結したと発表しました(下掲はプレスリリース)。

件名:『韓国銀行』、『オーストラリア準備銀行』と通貨スワップ延長契約を締結

2023年02月06日、『韓国銀行』と『オーストラリア準備銀行』は豪ドル/ウォンの通貨スワップ契約を5年延長することにした(その他の事項は従前の契約と同じ)

2014年に初めて締結、2017年と2020年に延長

ㅇスワップ規模:120億豪ドル9.6兆ウォン約81億ドル相当)

ㅇ契約期間:5年(2023年02月06日~2028年02月05日)、満期到来時に両国間の合意により延長可能

ㅇ目的:両国間の貿易促進および金融安定性の向上

両国は、通貨スワップが貿易の促進および金融市場の安定に寄与してきたという認識を共有し、通貨スワップを安定的に維持するため、契約期間を拡大延長(3年 ⇒ 5年)

⇒参照・引用元:『韓国銀行』公式サイト「韓国銀行、オーストラリア中央銀行と通貨スワップ延長契約締結」

韓国 – オーストラリアの「通貨スワップ」は2014年に初めて締結され、3年間契約でしたが、2017年と2020年にそれぞれ延長されました。今回は「5年契約」となって、期限は2028年です。

以下は『オーストラリア準備銀行』が出したプレスリリースです。


↑Googleの自動翻訳なので日本語がヘンなところがありますがご寛恕ください。

Today, the Reserve Bank of Australia renewed the bilateral local currency swap agreement with the Bank of Korea. The initial swap agreement between the two central banks was signed in 2014 and has been renewed for three year periods since that time. The new agreement is for a period of five years and allows the exchange of local currencies between the two central banks of up to A$12 billion or KRW 9.6 trillion.

本日、『オーストラリア準備銀行』は、『韓国銀行』との二国間現地通貨スワップ協定を更新しました。

両中央銀行間の最初のスワップ協定は2014年に締結され、それ以降、3年の期間で更新されてきました。新しい協定は5年間で、両中央銀行間で最大120億豪ドルまたは9兆6,000億ウォンの現地通貨を交換することができる。

This agreement is designed to promote bilateral trade for the economic development of Australia and Korea, and enhancing financial stability. The agreement can also be used for other, mutually agreed, purposes.

この協定は、オーストラリアと韓国の経済発展のための二国間貿易を促進し、金融の安定性を高めることを目的としています。

また、この協定は、相互に合意したその他の目的にも使用することができる。

⇒参照・引用元:『オーストラリア準備銀行』公式サイト「Renewal of Bilateral Local Currency Swap Arrangement Between the Reserve Bank of Australia and Bank of Korea」

「相互に合意すれば他の目的にも使用できる」としているのが興味深い点です。

韓国からするとハードカレンシーとの通貨スワップが望ましいのですが、

アメリカ合衆国(ドル):何度要請してもスルー
イギリス(ポンド):
EU(ユーロ):
日本(円):イヤです

なので、豪ドルが入手できる『オーストラリア準備銀行』とのこの協定は大変助かるものです。

韓国はすきあらば「通貨スワップ」を要求してきますので、日本は気を付けなければなりません。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました