北朝鮮

from Sponsor
トピック

「北朝鮮」トランプ師匠、安倍ちゃんと電話で相談

2019年12月21日、アメリカ合衆国・ホワイトハウス報道官が発表したところによれば、トランプ大統領と安倍首相が電話会談を持ったとのこと。話し合われた内容は、北朝鮮・イラン情勢・通商問題についてだったと報道されています。 イラ...
トピック

トランプ師匠、改めて「軍事オプションもアリ」と示唆

NATO(North Atlantic Treaty Organizationの略:北大西洋条約機構) ストルテンベルグ事務総長との会合が行われたロンドンで、アメリカ合衆国のトランプ大統領は北朝鮮の非核化交渉について、 We ...
トピック

「統一朝鮮」いくらかかる? 推定4兆ドル(約432兆円)

統一朝鮮への希望を抱いている大統領が韓国におり、そのため同国は北朝鮮に秋波を送り続けています。統一は民族の悲願という気持ちは分からなくもありませんが、実際にそれが成ったときにどのようなことが起こるのかはあらかじめ計算しておく必要があ...
トピック

【対北朝鮮戦争】1994年当時の損害予測

先の記事でも触れたとおり、クリントン政権下の1994年、アメリカ合衆国は北朝鮮を先制攻撃する気でした。しかし、行われませんでした。これはシミュレーションの結果が思わしくなかったからです。 損害予測は、先制攻撃を掛けるものの90...
トピック

「北朝鮮」トランプ師匠が爆撃に踏み切る可能性は?

アメリカ合衆国は10月の中国との貿易協議では決定的な得点を挙げることはできませんでした。トランプ大統領としてはここで大きなポイントを稼ぎ、再選を確実にしたいところだったでしょうがうまくいきませんでした。 現在中東でサウジアラビ...
トピック

【北朝鮮】マシュー・ポッティンガーは「北爆」を進言した男

アメリカ合衆国と北朝鮮の会談が不調に終わり、北朝鮮はまた恫喝外交に戻る気配を見せています。対する合衆国側は粘り強く交渉を続ける姿勢をアピールしていますが、これが武力行使も辞さないとなる可能性もあります。 対イラン・北朝鮮強硬派...
トピック

ボルトン電撃解任! 日本が危うくなる理由

かねてよりウワサのあった「ボルトン補佐官解任」が実現しました。Money1ではそのウワサが報道されたときに一度ご紹介していますが(記事末のURLを参照)、トランプ大統領がとうとう実行に移したわけです。 以前からご紹介していると...
トピック

北朝鮮からの「素晴らしい手紙」 どんなルートで着いた?

アメリカ合衆国トランプ大統領は、08月10日北朝鮮の金正恩委員長から「素晴らしい手紙」をもらったことを明らかにしました。トランプ大統領は「3ページで最初から最後まで素晴らしい手紙だった」と述べていますが、詳細については触れませんでし...
トピック

「ボルトン補佐官がクビになるかも」という話 日本が危険になる!

Money1でご紹介したとおり、対イラン強硬派で対イラン政策を主導しているジョン・ボルトン大統領補佐官(安全保障担当)ですが、ここにきて「近く解任されるのでは?」という報道が出ています。例えば『The Aslantic』紙には「Ho...
トピック

トランプ師匠が選挙モードなだけ! 実質は変化なし

アメリカ合衆国・トランプ大統領が北朝鮮・金正恩朝鮮労働党委員長をTwitterで呼び出し、DMZ(非武装地帯)での会合が実現しました。金正恩氏が「Twitterを見て驚いた」としているので、世界中で「見てたんかい!」という突っ込みな...
from Sponsor
タイトルとURLをコピーしました