トランプ師匠「絶好調」を強調するも市場は不安視


アメリカ合衆国と中国の通商協議が現在も継続中ですが、中国の軟化が止まったという報道が現れており、注意が必要です。トランプ大統領自身は交渉が順調に進んでいるとしていますが、一方で中国に(制裁として)課している追加関税が一定期間続くことも示唆しています。

これは、中国が約束したことを履行するかどうかを確認するまでは「制裁を緩めたりはしない」という姿勢の表明です。中国は「言うとおりにする姿勢を見せることで、合衆国から譲歩を引き出す」ことを狙っていたのでしょうが、これは北朝鮮の行ってきた交渉術と同じもの。今回のトランプ政権は、前政権までの失敗を熟知しており「お前たちが実行するまでダマされないぞ」という態度を崩していません。

中国経済の失速があちこちから伝えられるようになっていますが、中国政府が合衆国との交渉に使える時間もそれほど残っていないのではないでしょうか。

(柏ケミカル@dcp)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です