おススメ記事
広告

ASEAN(アセアン)なんで韓国は関係ないです。もちろんスワップ協定の話

広告

「財務省も仕事してますよ!」というお話です。財務省は、ASEAN(東南アジア諸国連合)に対して「金融危機の際には自国通貨と円を交換できる仕組み」を提案しました(現行はドルのみ)。これは通貨スワップ協定ですね。かつて起こったアジア通貨危機を考えれば、あった方が良い仕組みかもしれません。

無敵の財務大臣・麻生太郎閣下が、2017年05月05日、横浜市で開催された「日・ASEAN財務相・中央銀行総裁会議」で「円は安定した通貨。大きな力を発揮できる」と語ったとのこと。

危機にはドル。外貨ドルが枯渇しないようにすることがデフォルトを避けることですね。今回の提案は、円をもっと有効に使ってくれ、というASEANへのアピールでもあります。

正直、暴落するような通貨を下支えする協定は日本にとってもリスクのあることですが、今回、タイと上限を30億ドルとする協定を結び、またマレーシアとも協定を締結するための基本合意に至ったようです。

※インドネシア、フィリピン、シンガポールとはすでに2国間協定を締結しています。これはドルを供給するものです。

また、スワップ協定とは別に「最大4兆円規模の資金枠創設」も決めています。この新しい資金でも、引き出し通貨は「ドル」「」のどちらかを選べるようになっています。なかなか面白い試みですね。

さて、今回はASEAN向けの提案なので「韓国」は関係ありません。ASEANとは、

インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス

の10カ国のことです。

日本には何のメリットもないので韓国との二国間協定は結ぶべきではありません。反日に勤しむ韓国など放置し、ASEANにこのような提案を行うところに麻生閣下の無双ぶりを見る思いがいたしますね。

(高橋モータース@dcp)

タイトルとURLをコピーしました