おススメ記事

【総額85兆ウォン】の正念場!韓国51年ぶりの「三次補正予算」編成!恐らく「これでも足りない」

広告

韓国を襲う「四月危機」についてMoney1でも各企業の資金難、国策銀行の動向などをご紹介してきましたが、いよいよ04月末も近づき、正念場です。

韓国の危機は「流動性の危機」でお金が回らなくなるかも、という一点に集約されます。

ここにきて韓国政府は51年ぶりの「第三次補正予算」を編成し、企業を飛ばさないように(つまりは雇用が守られるように)大規模な資金を突っ込む覚悟をしたようです。

『TV CHOSUN』のニュース映像から文在寅大統領の言葉を以下に引用します。

企業支援のために全ての可能な方法を総動員します。強力な意志を持って基幹産業を必ず守ります。

まず、航空精油造船業などのために資金40兆ウォンを造成し、小商工人のために既存の100兆ウォン(先に決定した「支援パッケージ」のこと:筆者注)とは別に、35兆ウォン緊急融資などでサポートします。

雇用安定対策にも10兆ウォンを投入します。

フリーランス、特殊雇用労働者など雇用の死角地帯にある93万人に雇用安定助成金を最大150万ウォンまで支給して、大規模な雇用を作ることができるよう国策事業「韓国版ニューディール」などで雇用を50万個作るという計画です」

⇒参照・引用元:『TV CHOSUN』「基幹産業・雇用に85兆追加サポート… 51年ぶりに『3次補正予算』も」

赤アンダーライン、強調文字は筆者による(以下同)

文大統領の並々ならぬ決意表明です。雇用を作る「韓国版ニューディール」とのこと。

確かに「85兆ウォン」は大きな予算でしょうが、恐らくこれでは足りません。

Money1でも先にご紹介しましたが、基幹産業たる「自動車業界」はそれだけで総額「33兆ウォン」の資金援助を要請しており、文大統領の発言にある「資金40兆ウォンを造成し」の段階で(他の業種に渡る資金も考えれば)無理であることが分かります。

韓国「自動車業界」がSOS!「33兆ウォンの特別支援」を政府に要求!
韓国経済の「四月危機」が次々に顕在化しており、さまざまな業種・企業から韓国政府への支援要請が行われています。2020年04月09日、『朝鮮日報』に自動車業界から政府に支援要請が行われたという記事が出ました。以下に一部を引用します。韓国自動車...

もちろん「大統領は航空と精油、造船業など」とおっしゃっているので、この40兆ウォンには自動車産業を救うお金は入っていないのかもしれませんが。

いずれにいたしましても、04月の終わりも間近に迫り、いよいよ韓国経済は正念場を迎えたといえます。資金量からいっても全てを救うことはできません。どこかで取捨選択を迫られることになると思われます。

(柏ケミカル@dcp)

広告
「1.7兆ウォン」がムダの恐れ。韓国財閥がこの期に及んで『アシアナ航空』を見捨てる可能性アリ
04月が終わりに近付き、韓国を襲う「四月危機」もいよいよ加速しています。まず韓国メディアでも連日『アシアナ航空』の話題が尽きません。04月21日には、Money1でもお伝えしたとおり、韓国の国策銀行である『産業銀行』と『輸出入銀行』が総額「...
韓国で企業を規制する法案が1,300以上も準備中!文在寅政権が企業に致命傷を負わせる!
2020年04月15日に実施された国会議員選挙で与党が圧勝し、圧倒的過半数を占めるようになりました(300議席のうち、与党『共に民主党』と、比例政党である『共に市民党』が合わせて180議席)。もともと文在寅という人はバリバリの左派で、大企業...
韓国の国策銀行が「『5億ドル』助けてやるけど1年以内に返せよ!絶対だぞ」と叫ぶ
また、あの『斗山重工業』の話で恐縮なのですが、韓国メディアから「『斗山重工業』がひと息ついた」という報道が出ていますのでスルーはできません。また、とてもそれで助かるとは思えない面白い状況ですのでお付き合いください。かねてからお伝えしていると...
タイトルとURLをコピーしました