おススメ記事
広告

BMW「i3」「i8」はずっこけたけど……

広告

中国が「内燃機関自動車を規制していくぜ!」という姿勢を見せてから世界各国の自動車メーカーの動きがクローズアップされるようになっています。フォードが「中国いいぜ!」と表明したのは先日Money1でもご紹介したとおりですが、世界的自動車メーカー、BMWダイムラーはどうするのでしょうか!?

BMWは、すでに「i3」「i8」という電気自動車を販売しているのですが、どちらも売上は振るいませんでした。これらのクルマには車体軽量化のためにカーボンファイバーが用いられていますが、「そのための巨額投資も実らなかった」なんていわれています。その一方で、人気の「3シリーズ」のシャシーを流用した新しい電気自動車を準備中とのこと。

一方のダイムラーといえば、やはりメルセデス・ベンツ。世界的な高級自動車ブランドがどうなるかは気になるところですね。ベンツブランドからはSUVである「GLC」を電気自動車化した「EQ」が2019年にはリリースされるといわれています。

いずれしても問題は「収益率」です。バッテリーの調達コストが下がっているので収益性も高まるといわれますが、これまでのように「高級車なので儲けも大きい!」といかないことは確かです。

識者は「航続距離500kmのバッテリー価格は1万4,000ドル」(約160万円)と計算していますので、これが正しいのであれば原価のかなりの部分をバッテリーが食うことになります。内燃機関自動車が減っていくのであれば、自動車メーカーの勢力地図は激変する可能性があります。

(柏ケミカル@dcp)

タイトルとURLをコピーしました