おススメ記事
広告

【ポンコツ韓国ミサイル艇】エンジンに海水が流れ込む(笑)理由は『韓進重工』の設計ミスと結論。650億×4隻

広告

先日、韓国軍のポンコツ潜水艦の裁判についてご紹介しましたが、今度は「新型高速艇」について実にバカバカしい事実が報じられました。

今回報じられた「新型高速艇」というのは、日本では一般に「ミサイル艇」と呼ばれる艦種で、対艦ミサイルを装備し高速で機動できる艦艇です。

韓国軍では「犬鷲(イヌワシ)」というミサイル艇が配備されていますが、これをバージョンアップしていこうという事業が行われているのです。

韓国メディア『Chosun.Biz』2020年07月16日付けの記事から以下に引用します。

韓進重工業』は2014年から昨年までの4回にわたる入札で、合計16隻新型高速艇を受注した。

1隻当たりの価格は600億~650億ウォンで契約規模だけで約1兆ウォンに達する。現在までに8隻が建造され、このうち4隻が、海軍に引き渡され戦力化された。

しかし、韓進重工業が建造した新型高速艇は、2017年11月に納品された1番艦から昨年12月に就役した2~4番艦までの4隻で共通してエンジンに亀裂が発生し、配備されなかった。

4隻の新型高速艇が運用800時間にも満たないのに全艦で故障が発生したため、海軍内部で製造欠陥の可能性が提起され、技品院(国防技術品質院の略:筆者注)は、今まで原因究明のための調査を進めてきた。

⇒参照・引用元:『Chosun.Biz』「【独占】海軍、新型『イヌワシ』高速艇故障の原因は『韓進重設計不良』暫定結論」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

エンジンに亀裂が発生するような致命的な欠陥が、なぜ納品前に発見されないのか非常に疑問ですね。しかも4隻全部というのがスゴイです。

もう世にもアホらしい話ですが、2020年07月15日「国防技術品質院」は、

次世代新型高速艇のエンジン故障の原因を調査した後、「設計に不十分な点があり、エンジン(シリンダーヘッド)に海水が流入する不具合が発生したと推定される」と報告した。

とのことです。

「なぜそんなことになるんだよ」「実験していないのか」など、突っ込みどころ満載ですが、これまた実に韓国らしいエピソードです。

こんなことの起こる国が「造船大国」と称しているのは、本当に不思議なことです。

(吉田ハンチング@dcp)

【韓国ポンコツ潜水艦】納入した現代重工業「58億」敗訴。「潜水艦で異音」(笑)というダメさに責任あり
2020年06月11日、韓国メディア『inews24』に面白い記事が出ました。 『現代重工業』が納入した潜水艦に欠陥があった件で、韓国政府が同社を相手どって損害賠償訴訟を行っていたのですが、最高裁判所で判決が出ました。 『現代重...
広告
タイトルとURLをコピーしました