おススメ記事
広告

韓国「自動車部品メーカー」にドミノ倒産危機。基幹産業の安定が聞いて呆れる

広告

新型コロナウイルス騒動で世界中の自動車メーカーが売上高の急減に直面しています。

自動車産業というのは裾野が広く、完成自動車メーカーが傾くと、自動車部品を納品している多数の自動車部品メーカーが巻き込まれて経営難に陥ってしまいます。

韓国でも同様です。

すでに惨状だが「本格的な危機はこれから」とのこと

韓国の蔚山(ウルサン)には『現代自動車ヒュンダイ)』があり、自動車産業の拠点として知られていますが、ここで自動車部品メーカーのドミノ倒産が懸念されているのです。

すでに一部で顕在化していますので「懸念」ではなく「起こっている」と書く方がいいかもしれません。

「零細自動車部品会社10社のうち3社は工場を閉めた」という言葉を紹介している『毎日経済』の2020年07月15日付け記事では、以下のような例も取り上げています。

(前略)
B社の代表は、「耐えられるだけ耐えたが、本格的な危機は今から始まると考えている」と述べた。

彼は「自動車市場の不確実性のために、最近、万一の事態に備えて運営資金10億ウォンの融資を受けたが、以前は2~3%台だったローンの金利が6%台まで上昇した

とし、「零細企業は銀行からお金を借りるのが容易ではない」とした。
(後略)

⇒参照・引用元:『毎日経済』「部品メーカー泣き面に蜂…『貸出金利6%を超える銀行で10億やっと借りる』」

赤アンダーライン、強調文字は筆者による

先に、文在寅大統領肝いりの「基幹産業安定基金」が自動車部品を手掛ける中小・零細企業に対して支援の手をさしのべる、みたいな記事もご紹介しましたが、実態はこのような状況なのです。

自動車関連企業に低金利で融資します、といった話はどうなったのでしょうか。韓国政府の「なんとか基金」は口ばっかりで全く機能していません。

本当にひどい話です。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました