おススメ記事
広告

【韓国ポンコツ潜水艦】納入した現代重工業「58億」敗訴。「潜水艦で異音」(笑)というダメさに責任あり

広告

2020年06月11日、韓国メディア『inews24』に面白い記事が出ました。

現代重工業』が納入した潜水艦に欠陥があった件で、韓国政府が同社を相手どって損害賠償訴訟を行っていたのですが、最高裁判所で判決が出ました。

『現代重工業』の敗訴です。ただし、政府側が求めた200億ウォンではなく「58億ウォン」だけが損害賠償金額として認められました。

この件を取り上げた『inews24』では経緯を以下のように説明※1しています。

前国防部は2000年1兆2千700億ウォンを投入して、新しい潜水艦を導入する次期潜水艦事業(KSS-Ⅱ)を施行した。

事業の過程で、ドイツのティッセンクルップの機種が選定され、『現代重工業』が建造を引き受けることになった。

『現代重工業』はティッセンクルップから原材料の供給を受け潜水艦を建造し、そのうち1隻を2007年、海軍に引き渡された。

導入された潜水艦で異常音が発生し、ティッセンクルップの部品の製造工程で破損したことが分かった。

軍と防衛事業庁は、現代重工業などの欠陥調査と整備に発生した費用200億ウォンを請求する訴訟を起こした。

⇒参照・引用元:『inews24』「現代重配信潜水艦での欠陥…最高裁『58億賠償せよ』」

赤アンダーライン、強調文字は筆者による

海の忍者と呼ばれ、静粛性が命の「潜水艦」で異音って……根本的にダメです。

で、訴えられた『現代重工業』は供給された部品に欠陥があったのでウチのせいじゃない、などと主張していたのですが、今回最高歳判決で「ダメ! 契約したフロントはあんたなんだから責任あるでしょ!」と認定されたわけです。

ライセンスを受けて建造したのは『現代重工業』ですから、言い逃れることはできなかったのでした。当然といえば当然の結果ですが、しかし実に韓国らしい裁判だったといえるのではないでしょうか。

欠陥の責任が『現代重工業』にある、と認めたのはいいのですが問題は直ったのかという点で……実は全然直ってないのではないか、使い物にならない潜水艦ではないか、と指摘されています。

58億ウォンなんか支払ってもらっても、潜水艦が使い物にならないのであれば、韓国政府と軍は大損でしょう。

※1ただし、この説明には、1号艦が導入されたのは2006年ではないか、「ティッセンクルップ」ではなく「ホヴァルツヴェルケ」ではないかなどの疑問点があります。

PHOTO(C)Pedro Vilela

(柏ケミカル@dcp)

広告
【韓国の借金政府】来年も543兆の予算という暴挙! 2022年までに国家の借金を200兆増やすぞ!
韓国政府が来年度の予算編成に着手しています。 2020年は新型コロナウイルス騒動によって第1~3次の補正予算を組み、韓国政府の総支出は大きく増加しました。 2020年予算推移 予算要求段階:498兆7,000億ウォン 国...
【借金が1,000兆超え】韓国政府自身が認める! 政府債務比率は50%を超える予定です
先に韓国政府の借金が雪だるま式に増えており、このままいくと「1,000兆ウォン」を超えるのも遠くないという件をご紹介しました。 なにせ予定どおり「849兆ウォン」まで増加したのは確定ですので。 2020年06月12日の韓国メディ...
韓国政府「100兆突っ込むのを加速する!」と表明。「行くところまで行く」
韓国政府が借金を膨らませながら市中にお金を回そうとしている、という話はこれまでご紹介してきとおりです。 2020年06月11日、韓国の企画財政部によると、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は「第6回非常経済中央対策本部会...
【韓国ポンコツ潜水艦】納入した現代重工業「58億」敗訴。「潜水艦で異音」(笑)というダメさに責任あり
2020年06月11日、韓国メディア『inews24』に面白い記事が出ました。 『現代重工業』が納入した潜水艦に欠陥があった件で、韓国政府が同社を相手どって損害賠償訴訟を行っていたのですが、最高裁判所で判決が出ました。 『現代重...
タイトルとURLをコピーしました