おススメ記事
広告

台湾空軍が中国の「Su-35」戦闘機を撃墜した、という話が流れる

広告

アメリカ合衆国中国の対立が激化しており、台湾はまさにその焦点となっています。2020年09月04日、SNS上に「台湾空軍が台湾空域に侵入した中国のSu-35戦闘機を撃墜した」という投稿が出ました。

そのため、ネット上には多くの憶測、反響が瞬く間に広がりました。「撃墜されたがパイロットは脱出。重症を負った救助された」などの詳細な情報が書かれ、証拠としてビデオや写真も上げられたからです。

しかし、これは全くの虚偽で、台湾空軍は2020年09月04日17:30に以下のような声明を出しました。

針對網路流傳「臺灣擊落一架中共SU-35飛機?」乙情,空軍司令部今(4)日鄭重駁斥,此為假訊息,子虛烏有,完全不是事實。

空軍司令部指出,對於網路上有心人士刻意製造、傳播不實的假訊息,企圖混淆視聽,居心叵測,本部強烈譴責這種惡意行為。

空軍司令部強調,為維護領空安全,本部對於臺海周邊海、空域狀況,將持續採取嚴密監控作為,並適時提供正確資訊,防止偽假消息流傳,避免造成社會不安,籲請國人放心。

インターネットで流された「台湾が中国共産党のSu-35機を撃墜したか?」に対して、空軍司令部はこの日(09月04日)厳粛に反論します。

これは虚偽の情報であり、完全に真実ではありません

空軍司令部は、聴衆を混乱させる目的でインターネット上に故意に虚偽の情報を作成および流布するといった悪意のある行為を強く非難します。

空軍司令部は、空域の安全を維持するために、本部は台湾海峡周辺の海と空域の状況を注意深く監視します。また、偽りの情報、その拡散を防ぎ、社会不安を回避し、人々に安心してもらえるように訴え、と同時に情報を適宜提供することを強調しておきます。

⇒参照・引用元:『中華民国国防部』公式サイト「防衛ニュース ニュースリリース」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

赤アンダーライン、強調文字は筆者による


↑このフェイクニュースで使われた写真は『新華社』が2013年に報道したものでした(上掲は『新華社』のHPのスクリーンショット)

ネット上でこの情報が流布し、多くの人から反響があったのも、台湾・中国の間で実際に武力衝突が起こるかもしれないという思いが人々の間にあったからでしょう。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました