おススメ記事
広告

ね。だから取引所は選ばないと!

広告

Money1でも仮想通貨の取引所でのドボンについていくつか紹介してきましたが、日本でもまた起こってしまいました。

仮想通貨「NEM」(通貨単位はXEMです)が仮想通貨取引所『コインチェック』から大量流出。その金額は約580億円分と報道されています。

ビットコインを代表とする仮想通貨は非常によくできた仕組みで、取引台帳は事実上改竄不可能なので、一番脆弱な部分はやはり「取引所」です。

今回流出させたコインチェックでは、基本的なマルチシグすら導入していなかった、というお粗末さが指摘されています。また、ウォレットの管理も杜撰だったようです。

とりもなおさずコインチェックという、日本では大手といわれる取引所がこの体たらくなのです。もし仮想通貨を購入するのであれば、技術的に堅牢なところを選び、また自分でもハードウェアウォレットを持つなどの自衛策も講じましょう。最低限のことです。

(高橋モータース@dcp)

タイトルとURLをコピーしました