おススメ記事
広告

韓国の「燃える電気自動車」2.5万台リコール。原因は『LG化学』の電池セル

広告

充電中に火災を起こした、韓国現代自動車』の電気自動車「コナ・エレクトリック2万5,564台がリコールとなりました。


↑大邱にあるマンションの地下駐車場の火災現場

2020年10月04日に同車種が火事を起こして注目されましたが、

「コナ」は2018年04月の販売開始から2020年10月05日までに12回の火事を起こしています

ので「バッテリー周りに何か欠陥があるのではないか」と目されていましたが原因が特定されました。韓国国土部の資料によると、

現代自動車で製造、販売したコナ電気自動車は、車両の充電完了後、高電圧バッテリーの電池セルの製造不良*による内部短絡(ショート)、火災が発生する可能性が確認され、10月16日から是正措置(ソフトウェアの更新と点検後、バッテリーの交換)に入る。

*製造工程上の品質不良で正極板と音( – )極板の間にある分離膜が損傷

⇒参照・引用元:『韓国国土部』公式サイト「現代、コナ(EV)自発的製造上の欠陥是正(リコール)実施」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

強調文字は筆者による

ちなみにこの電池セルを製造したのは韓国企業『LG化学』です。

『LG化学』では今回の国土部の原因公表について反発しています。

韓国メディア『CHOSUN BIZ』の記事によれば、

「『LG化学』はこの日午後、「リコールは、火災の正確な原因が究明されていない状態で発表したもの」とし「『現代自動車』と共同で実施した再現実験でも、火災につながるなかった」と発表した。

国土部暫定結論を正面から反論したものである。追加調査が必要だというのがLG化学の立場である」

とのこと。

いずれにせよ、世界的リコールは避けられないでしょう。欧州だけでも同車種は「5万台」を出荷してるそうです。そんな火事を起こすような自動車はごめんですね。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました