おススメ記事
広告

【韓国の原発】2016年から「18回」停止していた!

広告

日本のすぐ隣で稼働しているので非常に迷惑な話なのですが、韓国原子力発電所はよく停止事件が発生します。

先の台風で6基のゲナ

津が停止したのはご紹介したとおりで、原因は塩害対策が十分でなかったためでした。

それにしても韓国の原発はよく停止しますのでツッコミどころとなります。

2020年10月12日韓国メディア『BUSINESS KOREA』に与党議員チョ・ジョンシクさんが「2016年以来、韓国では18回の原子力発電所の停止が起こった」と指摘したことが取り上げられています。

施設のメンテナンス目的の手動シャットダウン:5回
障害に起因する予期せぬシャトダウン:13回
計:18回

で、18回のうち半分は機械的な故障。

測定器の故障:4例
タービンの故障:3例
電気系統の故障:1例
機械的誤動作:制御棒の誤挿入シールの腐食など

となっています。

日本から近いだけにきちんと管理をしてもらいたいものです。

⇒参照・引用元:『BUSINESS KOREA』「Frequency of Sudden Nuclear Power Plant Shutdowns Increasing」

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました