おススメ記事
広告

韓国の官僚が「原発解体」についての情報開示に頑強に抵抗!

広告

韓国政府文在寅大統領の「クリーンエネルギー政策」に則(のっと)って、原子力発電所を目の敵にしています。

韓国で最も古い原発「月城1号機」は解体で決定しているのですが、この解体作業についての情報が出てこないじゃないか、と韓国の監査院が怒っていらっしゃいます。

焦点は「月城1号機の早期閉鎖が妥当かどうか」です。

つまり、政府与党には「早期閉鎖という結論」が最初にあって、まともな判断がされなかったのではないか、ということを鑑査しているわけです。

ところが!この鑑査作業が進まないのです。

原因は「産業資源部」です。

産業資源部はなんと資料の隠蔽削除・廃棄を行ってまで抵抗したとのこと。

複数のメディアが取り上げていますが、『毎日経済』の記事から、チェジェヒョン監査院長の注目すべき発言を以下に引用します。

(前略)「国会の要求の後、産業通商資源部の公務員が関係資料をすべて削除した」と明らかにした。

関係者の陳述過程でも「事実を隠したり虚偽の陳述をする(監査院側から)別の資料を持って、追及する過程が際限なく繰り返された」と説明した。
(後略)

⇒参照・引用元:『毎日経済』「チェ・ジェヒョン『月城1号機資料産業資源部が削除』…こんなひどい抵抗はない」

このような抵抗をこそ「政権への忖度(そんたく)」というのではないでしょうか。

どんな都合の悪い資料が廃棄されたのかが気になりますし、鑑査結果がどのように出るかにも注目です。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました